こころはコロコロ日録

アクセスカウンタ

zoom RSS 平城遷都1300年 ・ 「光と灯りのフェア」

<<   作成日時 : 2010/08/23 15:54   >>

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 24

8月22日(日) 


   平城遷都1300年祭平城旧跡 夏季フェアー 「光と灯りのフェア」・・・が

   20日から27日まで開催されています。

   普段は17:00までの平城京歴史館/遣唐使船復元展示が、この期間中1時間延長されることを知り、

   2度と無い機会・・・・近くに住まう者が、一度は訪ねておかないと・・・そんな思いから。

   どこにいても暑いです!!・・・ので、思い切って16:30頃から出かけました。

   
          平城京歴史館/遣唐使船復元展示場に近い シャトルバスターミナルで下車。 

              1時間延長のおかげで整理券無しでスイスイ・・・・入館券500円。

                     
             夕暮れで行列も無い平城京歴史館会場・・・復元された遣唐使船


                      全長30mマストの高さ15m・・・・



画像
                    
              

                       遣唐使船・・・・体験乗船

    船の帆は・・・・網代帆(あじろほ)竹や葦を薄く削った物を平に編んで作った網代を竹で縛って
             繋ぎ合わせたた帆。


                   遣唐大使の部屋 ・ 賄い部屋 ・  雑居部屋       
      

画像




                      遣唐使船上から・・夕暮れの朱雀門
  

画像


平城京VRシアター

1300年前にタイムスリップした、平城京の復元図は大画面に映し出され、迫力のある映像でした。

平城京がいかに広大な都だったのかが実感できました。

その頃の南都七大各寺院の復元されたVR映像も登場し、東大寺や元興寺などには巨大な塔がそびえ立ち

私の育った地域大安寺の復元映像では、平城京の「朱雀門」と同じ規模を持つ南門、

高さ70mを超すと思われる七重の塔が東西に立ち並ぶという大寺だったことを、

映像で知って、なんだか感無量でした。


                  
                    平城京VRシアター観賞後・・・夕暮れの遣唐使船前

                                 正面に生駒山 ・・・・ 沈み行く夕日                  


画像



            衛士隊による閉門の儀(17:10)の再現が済んで、閉ざされた朱雀門


画像



              朱雀門から第一次大極殿への道のりはかなりあります。

              光と灯りのフェアに使われる灯火バルンが用意されています。

              北斗七星に見立てた1つの星になります。   

              


画像




             随分歩いたように感じます・・・・・近付いてきた第一次大極殿。
 
              京都の方角で雷の音がかすかに聞こえます・・・・夕立かなあ!!



画像



               駅から通ずる向こう側の道路では・・人・人・人の列が続いています。
                   


画像


                     
                 第一次大極殿・・・・一部分ライトアップが始まりました(18:45)。

画像

画像



                 第一次大極殿前庭に用意された、1万本の小さなろうそくの行灯。

                 周りを何重にも囲んで、点灯されるのを待つ人たち。

                 私もその一人。




画像



                    大極殿院燈花会・・・・点灯が始まりました。
 
          夏休みなのででしょうか・・・・随分多くの子供たちがお手伝いに参加されています。

               丁寧に順次ろうそくに点火されていきます・・・・・19:00前。


画像



             会場の半分灯されたでしょうか・・・辺りがどんどん暗くなり雰囲気が!!



画像



                夜景は尚更苦手・・・・手振れしています・・・・ご勘弁ください!!



画像



                 点火のボランティアさんも枠外に出られました・・・・



画像


                  
画像



           反対側朱雀門の方向 大きなバルンの灯りが打ち上がっています・・・・・

         このバルーンの7つの灯りは、北斗七星に見立てられているそうなんです


            空にはバルンにも見える月・・・・右端に朱雀門・・・ピンボケご辛抱を!



画像



                    20:00前  駅に向かって歩き出しました・・・・・

               最後にもう一度振り返って!!  ライトアップの大極殿。 




画像


                    
                  帰路、通路に光のアートの展示・・・ここでも人、人、人・・・

                   

画像



                 ∴*∴''☆★☆'∴* *      ∴*∴''☆★☆'∴* * 


             僅か会場では3時間足らず・・・・多くのイベントを支えてくださる方の

             暖かさが伝わって来る思いでした。

             横断歩道・・・踏み切り・・・通路・・・会場内・・・行き届いた案内に安堵しました。

             少し暑さも和らいだ頃に・・・奈良にお立ち寄りいただければ嬉しいです。

 
       <平城遷都1300年祭>上半期まとめ 来場数延べ927万人イベント含め予測の64%増…

        奈良県内消費は推計326億円 ・・と新聞に記載されていました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは

20日から1300年の「光と灯りのフェア」が開催されましたネ
行こうかなっと思ってましたが、ムリかなという思いも・・・
遣唐使船は6月に行った時に整理券をもらえず入館できず外からの見学でした。
やはり大極殿ライトアップ・燈火はきれいですネ
較べるのはムリかも知れないけど、藤原宮跡で行われるムーンライトにも来ていただけたらなと思います
eim
2010/08/23 22:41
 平城京1300年…悠久の歴史を秘めた壮大なイベントですね。
 遣唐使船…古い歴史のロマンが甦ります。
 自然も豊かなバックの再現大極殿…そして鮮やかな灯の光…
 道路が悪いので京都よりも行き難いので、まだ未訪問ですがいずれは訪問したいですね。
たそがれ
2010/08/24 08:33
さすが遷都1300年、イベントの規模も大きいですね。
燈火会の1万本の灯明、NHKのニュースで見ました。ニュース映像ですので、事実を客観的に映すという姿勢を崩さず「ヘェ〜!」という程度でしたが、やろいさんの写真で幻想的な雰囲気が伝わって来ましたよ。
midy
2010/08/24 13:28
eimさん、今晩は。
コメント有難うございます。(*^_^*)
27日までと聞いて、思い切って出かけました。
どこにいても暑いから・・出かけて良かったです。
1300年行事に参加できた・・・なんて気持ちしまっておけますから。
出かけられたら如何でしょう・・僅かな時間で楽しむことが出来ました。
夕方は少ない人出で・・ゆったりしていました。
平城京VRシアター・・・とても見ごたえがありました。
1300年前の平城京を散歩させていただきました。

>藤原宮跡で行われるムーンライト
今年は是非参加させていただきます。
eim さんへ  やろい
2010/08/24 19:42
たそがれさん、今晩は。
コメント有難うございます。(*^_^*)
近くに住まいしながら、なかなかご縁が無くて、
案外そんなものですね・・・遠くから沢山のお方に来ていただいて、
ありがたいことです。
日々、違ったイベントのが用意されています。
是非、日にちを繰り合わせてお出かけ下さることを、
お待ちしています。



たそがれ さんへ  やろい
2010/08/24 19:50
midy さん今晩は。
コメント有難うございます。(*^_^*)
遷都1300年・・・この節目に生まれ合わせていただいたこと、
すごいご縁だと思います。
初めの予想を上回る人出・・有難いことです。
誘導・安全はとてもスムーズに行われて安心いたしました。
知らない土地へ来て不愉快な思いは一番困りますもの。
>燈火会の1万本の灯明・・写真が上手く撮れていたら・・
もって素敵にお伝えできましたのに・・
夜景の不味い写真辛抱してみていただき、ありがとうございました。
三脚無しにどのように撮ったら良いのかが課題です。
多くの人をかき分けて・・・難しいですね(笑)
midy さんへ  やろい
2010/08/24 20:03
夏の夜は楽しいでしょ?夏は夜にかぎります(笑)
魔女の夜景撮りの気持ちがわかって貰えた〜〜(笑)
平城遷都1300年は様々なイベントの中に歴史そのものが再現されたり、見えたりと、時代を遡ってタイムマシンに乗ってしまったよう。。
現代から過去へと行ききできる我々の時代は幸せかもしれませんね
写真とってもクリアで、ちっともブレて無く、流石やろいさんです
素晴らしい夏を過ごされておられ、お裾分けまでしていただけ画面に魅入ってしまいました
コケ魔女
2010/08/24 21:37
まだ行っていません。夜も良いですね。
昨年は暑くてもあちこち出歩いていたのですが、
ちょっと膝が痛いのを意識して出かけるのをやめています。
歩いていて途中で・・・・と思うと・・・・
でもやろいさんの写真を見て行って見たくなりました。
光と灯りのフェアは27日までですね。
行って見たいと思います
sakko
2010/08/25 00:48
コケ魔女 さん、お早うございます。
コメント有難うございます。(*^_^*)
>夏は夜にかぎります(笑)・・・全くです。
暑いのはどこにいても暑いですから、少し忘れることを!見つけました。
1300年という節目にこの世に生かせていただいたんですから・・
そんなことを思うと・・なんだかわくわくです。

写真はぶれが多く見苦しいですが・・雰囲気のみ親しんでください。
1300年と途方もない時代から続いている事をふと思いますと、
なんとも不思議とその空間が、埋まってタイムスリップした気分になれるのは、ここの雰囲気がそうさせてくれるのでしょう!!
コケ魔女 さんへ  やろい
2010/08/25 09:59
sakkoさん、お早うございます。
コメント有難うございます。(*^_^*)
思い切って行って来ました・・・夕方からだったので、
会場も空いていました・・・誰も誘いませんでした。
夜人出が多くなって、はぐれるとお互い気を使うので・・・
気楽に楽しませていただきました。

朱雀門から・・大極殿の距離はでも夕方・・少し風がありますし、
一人だったので、ゆっくりゆっくい・・楽しんで来ました。
27日までと聞いています。
好い思い出になると思います。
sakkoさんへ  やろい
2010/08/25 10:05
話の種に行ってこなきゃね。
じいぼう
2010/08/26 07:22
じいぼうさま、こんにちは。
コメント有難うございます(*^_^*)
暑いですね!!・・
そうなんです・・・暑い暑いだけでは話の種になりませんので・・
思い切って行きました。
僅かな時間で行けますのに・・他府県から多くの方が訪ねてくださいます。
近くのものが知らないでは申し訳ないと思って行って来ました(笑)
じいぼうさまへ  やろい
2010/08/26 11:08
こんばんは♪
幻想的な光景ですね。とても美しいです。
PCの調子は如何でしょうか。我が家も似たような状況です
未だ暑い日が続きますね☆
アクアマリン☆太郎
2010/08/26 21:41
こんにちは。
光のページェント、平城宮跡の風景を臨場感たっぷりで楽しませて頂きました。
復元された遣唐使船の網代帆、意外でした。
生駒山に日が沈んでゆく夕景が懐かしい…
今すぐにでも出かけたい気になりますね。
ちょっと我慢して、お祭りが終わった頃に行くことにしましょうか。

2010/08/27 13:08
25日に行ってきました。
なんと駅に降りたら会場に雷警報が出ているからシャトルバスは運行してません。行っても入場禁止の場所もあります。
行かない方がいいでしょうと係りの方。
でも行ってきました。
雷警報は解除され・・・・
やろいさんのブログのお陰ですばらしい「光と灯りのフェア」に
いってきあした。情報有難うございました。
sakko
2010/08/27 20:13
素晴らしい光景ですね〜〜〜
奈良は今燃えていますねヘ(^o^)/
「光と灯りのフェア」のレポート素晴らしいです。
これを見せて戴いて遥か奈良の事を思いました。
その場に居たような臨場感をあじあわせて戴きました。
nobara
2010/08/28 08:42
アクアマリン☆太郎さん、お早うございます。
コメント有難うございます。(*^_^*)
奈良平城遷都1300年 に生き合わせたご縁有難く思います。
この機会に参加出来たこと良かったです。
多くのお方の協力で出来上がったことでしょう。
幻想的な灯りの余韻をいただいています。

パソコン身近に感じますが、なかなか厄介なものですね!
ご機嫌を毎日伺うようになりました。(笑)
アクアマリン☆太郎 さんへ  やろい
2010/08/28 10:25
空 さん、お早うございます。
コメント有難うございます。(*^_^*)
近くに居ながら折角の1300年の行事に出合いながら、
あまりにも勿体無い気がします。
多くの方の努力を感じながら、楽しませていただきました。
西を向けば生駒山・・・奈良ではそうなんです。
今の住まいは生駒山は遠くになっています。

少し涼しくなってから、再度の奈良へのお越しを
お待ちしています。
空 さんへ やろい
2010/08/28 10:33
sakkoさん再度有難うございます(*^_^*)
行かれましたか・・
雷警報…そうですね・・会場は避難場所が少ないから・・・
主催者は最悪を考えますものね!
良かったでしょう!
1300年の記念すべき年・・もう滅多に出合えませんもの!
昨夜で終わってしまいました。
多くの見学者の様子がニュースの映像で見せていただいていました。
sakkoさんへ  やろい
2010/08/28 10:40
nobara さん、お早うございます。
コメント有難うございます。(*^_^*)
>奈良は今燃えていますね・・・そうなんですよ!!
平城遷都1300年・・途方も無い年月です!
偶然にその年に生き合わせていただいたのですもの!
歳月の経過ってすごいなあ・・と実感です!

生駒山・・nobara さんは大阪側から眺めておられたのですね・・
きっと違った形なんでしょうね!
思いでしていただけて嬉しくおもいます。
またのご縁お待ちしています。
nobara さんへ  やろい
2010/08/28 10:47
やろいさんご無沙汰しています。
暑いです〜殆ど仮死状態、体も頭脳も働きません・・・・・

27日まで開催された平城遷都1300年「光と灯りフェア」行こうか?暑い、でも行こう〜・・・踏ん切りがつかない。迷い、思案しているうちに終わっちゃいました。やろいさんのお写真を拝見し、やはり行くべきだったと悔やんでいます・・・・・
行く、見る、試すを心がけている筈が暑さと歳には・・・・と段々弱気になってくる昨今です。奈良の民は意気盛ん、私も負けずに頑張ってみようか〜
 
若山
2010/09/01 11:05
やろいさん、こんな素晴らしい世紀のイベントをシェアして下さって有難うございます!  日本国内に住んでいたってなかなか行けるものではないと思うんですよ。 それをこうして遠い異国に住みながら眺めさせて頂けるのはやろいさんが暑さもなんのその、とお出かけ下さったからです! 
1300年!  なんて素晴らしいんでしょう!
明りが灯って・・・もう感動そのものでした。
唐使船の展示はこのイベントのみですか?
いつか見学してみたいものです、 奈良の都 〜☆

歴史の宝庫のまん真ん中にお住まいのやろいさん、 ラッキーですね〜♪
Azky
2010/09/01 11:21
若山さん、今日は。
コメント有難うございます。(*^_^*)
暑いですね!! 
>殆ど仮死状態 ・・・それは困ります!!
体も頭も働かないのではなく働かすものなんではありませんか(笑)
私などは無い頭を働かせようと四苦八苦しています。
勿体無いです・働かして下さいね!
以前に訪ねてくださっていたのですが、夜は一味違いましたよ。
私も近くにいながら、行くべきかどうしよう・・・迷ったのですが、
やはり思い切って良かったです。
次回の秋の催し再度のお越しをお待ちしています。
是非是非・・・
若山 さんへ  やろい
2010/09/02 14:10
Azkyさん、今日は。
コメント有難うございます.(*^_^*)
1300年という節目にこの世に、たまたま生かさせていただいたこと、
嬉しく思っています。
多い国から親しんでいただいて、嬉しく思います。
大極殿や、朱雀門にはこの灯りが似合っています。
薄暮、夕暮れ、日が落ちての点火・・・趣のあるものでした。

現実の遣唐使船についての記事がありました。
「上海万博が開催される記念すべきこの年に、最新の学説にもとづいて現代によみがえった「遣唐使船」が、大阪港を出発して当時の航路をたどりながら、上海万博の会場へ。日中双方から選ばれた船員が、各地をめぐります。このロマンあふれる航海は、日本と中国の交流に、さらなる発展をもたらすことでしょう。」と記されてありました。




Azkyさんへ  やろい
2010/09/02 17:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
平城遷都1300年 ・ 「光と灯りのフェア」 こころはコロコロ日録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる