こころはコロコロ日録

アクセスカウンタ

zoom RSS 酬恩庵(一休寺) ・ ビハーラ本願寺

<<   作成日時 : 2013/07/20 16:07   >>

ナイス ブログ気持玉 76 / トラックバック 0 / コメント 0

7月17日(水) 

        朝、京都行の急行に乗り気づいた、7月17日祇園祭山鋒巡行の日だった。

        賑わうことだろうなあ、と思いながら、途中の新田辺で下車。

        お仲間とビハーラ本願寺へ訪問のため、駅前で13:00に約束。

            4時間の余裕で暫く訪ねていない一休寺へタクシーで。

           途中の「JR京田辺駅」が見違えるようになっている。

           「まあ!綺麗に便利になったのですね!」 「もう10年はなりますで!」 

        

                  開山一休禅師  酬恩庵 (一休寺) 総門前 からのながめ。


画像



                 総門を入ってすぐ左側の「一休禅師墨蹟碑」

                一休禅師が書いた書体で、「諸悪莫作、衆善奉行」 

                                          緑のモミジ参道
画像

画像




              菊花紋の透かしから中を拝見すると、満開の百日紅の花が咲く、

                枯山水庭園の中央に 一休禅師御廟所


画像

  
          「とんちの一休さんの愛称」 で親しまれている室町時代の臨済宗の僧一休宗純師

             一休禅師は88歳で当寺で亡くなられ埋葬されましが、

            後小松天皇の皇子であるため墓は宮内庁が管理されている。


画像画像



             室町時代のお風呂は「蒸風呂」で、薬湯だったかと、

                    重要文化財に指定されている 「浴室」
      

画像



                 本堂へ続く参道  …  苔蒸した参道に緑のモミジ・零れ日。
 

画像

画像





                    中門から眺めた 「庫裏」 ・ 「方丈」

      真正面に珍しい樹齢は約400年といわれる 「しだれ松」 苔の間近まで枝垂れている。


画像



           石段両脇に植えられている、ナツツバキ ・ ボケ に大きな実 


画像

画像



        「酬恩庵」の額がかかる方丈                    お抹茶席
画像画像
画像



           方丈庭園 は江戸時代初期の代表的な庭として国の名勝に指定されています。

             南庭 ・ サツキの刈り込み・サザンカ・ソテツなどが植えられており、

                   きれいな白砂が敷き詰められ砂紋が浮きあがっています。


画像



    御廟所の屋根の向こうに3本の杉の木が見えます。   「3本杉」

     一説には、一休さんと蓮如上人、蜷川新右衛門 の三人が一本ずつ植えたともいわれています。

画像画像



                  庭から方丈を眺める …  参拝する人も少なく静かです。
    

画像


          江戸時代、加賀藩・三代目藩主、前田利常の寄付によって、再建されました。

               中央の仏間には、一休禅師木像を安置しています。

   一休さんが亡くなる前年に弟子の墨済に命じてつくらせたもので、重要文化財に指定されています。


画像


                   
       一休禅師の遺偈                      方丈の襖絵は、狩野探幽作

画像画像


            須弥南畔         誰会我禅 
            (しゅみなんぱん)    (誰か我が禅をえす)

            虚堂来也         不値半銭 
            (きどう来たるもまた)  (はんせんにいせず)

          須弥山の南のほとりまでやってきたが、誰も私の禅風を理解できなかった。

              虚堂がやってきたとしても、その価値は半銭にも及ばない


                          方丈庭園 南東庭

画像


               方丈庭園 東庭 ・ 多くの庭石と刈り込みをふんだんに使い、

                   十六羅漢の遊行するさまを表わしているそうです。

画像



          欅の縁側が美しい。           修理した縁側 … 櫛形にはめ込んでいる。


画像
画像



                 方丈庭園北庭 ・ 石塔や石灯籠、手水鉢などを配し、

                 石組で枯れ滝を表現した、禅院枯山水の蓬莱庭園です。 


画像



                   お庭を一回りして、庫裏の玄関へ

        囲炉裏があります … 12支で時刻・方位を記されたて手作りの時計が珍しい。

                                    
画像

画像




                         ここでお抹茶がいただけます。
           

画像

     

           《一休寺納豆とは》
           約500年前一休禅師が中国からの製法をもとに伝えなおされた。
           糸引き納豆と違い麹菌を使用して発酵させた塩辛い納豆で寺納豆と呼ばれる。
           一年間天日干しにして完成させるアミノ酸も豊富な保存食である。


画像
画像

        中門の前に重文で入母屋造りの鐘楼。

         はかま腰で背が高く、下から仰ぎ見る屋根裏の構造は、凛として美しいです。
 

画像

画像



                         
                        鐘楼から本堂へ参道の緑。


画像



           一休さん・木魚にもたれて居眠り              ナツツバキの実が沢山付いています。

画像画像




                         重文酬恩庵 本堂

         室町幕府の六代目将軍、足利義教の帰依により建立。

       山城・大和地方の唐様建築中で、最も古い建造物で、重要文化財に指定されています。

       本堂の内部には本尊釈迦如来坐像と文殊・普賢菩薩像が安置されています。(案内より)


画像


           少年時代の一休像…手に箒を持った姿。

           参拝者が撫でるの?光っている!       壮年期の??「一休禅師」の石像。

画像画像



                開山堂 このあたりは妙勝寺の旧跡にあたるところ。

            酬恩庵(通称、一休寺)は、もとは妙勝寺 、大応国師によって禅の道場として草創された

            その後、元弘の戦火で荒廃していたものを六代の法孫にあたる一休禅師が再興し、

            師恩に報いる意味で 「酬恩庵」 と命名された。

画像



           「このはしわたるべからず」・・と記憶していますが・・・ 「このはしわたるな」 ?? 

                          真ん中を渡りましたよ。


画像画像



            能楽の発展は観世流の観阿弥・世阿弥父子と室町幕府三代足利義満の
            力によるところが大きい。
            二世世阿弥は六代将軍足利義教に追放され、義教の寵愛を受けた
            世阿弥の甥の音阿弥が三代目の観世大夫となった。
            音阿弥は深く一休に帰依したといわれる。    案内板抜粋


画像



                    能楽で名の知られた観世流三代の音阿弥のお墓です。

                    台石の文字は一休さんが書いたものです。

画像





                     〜〜〜〜〜〜    〜〜〜〜〜〜





             一休寺散策を終え新田辺で合流、タクシーでビハーラ本願寺へ


           人間国宝截金(きりかね)師、工芸作家 江里佐代子さん の阿弥陀如来立像です。

               仏像は夫である仏師 江 里  康 慧 さんの作品です。


画像画像画像


                  吉野から来てくださったO僧侶の調声で勤行 ・ H僧侶のご法話

                  余った時間で手品を披露くださって、法話会を閉じました。

                   後片付け・反省会後解散。

                      
                  長々の備忘録にお付き合い有り難うございました。 
              


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 76
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
かわいい
酬恩庵(一休寺) ・ ビハーラ本願寺 こころはコロコロ日録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる