椿寿庵 「サクラ」 という品種名の椿

3月5日(土) 
 

      10:00  ひまわり定例会  … 随分早く会議が終わりました。

      奈良市内へ帰宅する仲間のSさんに便乗をお願いして、3名で大和郡山「椿寿庵」へ、

      ちょっとだけ、道草をしていただくことになりました。

      今まで一度も開花した「櫻 サクラ」椿の花姿を見る機会がなかったので、こんなテャンスはないと。


              「椿寿庵」 入口 … 大和郡山の個人宅。

             ビニールハウス2棟に約1000種、6000本の椿を栽培。

             古典種から洋種・オリジナル種まで多数の椿を無料公開してくださっています。

                    
画像



        ビニールハウスで接客されていた、椿寿庵を営まれているお母さまの西畑季佐さんに

        お出会いして、「櫻  サクラ」という名の椿がありましたね…と。
      
        「今咲いていますよ … どっちの桜が気を悪くするやろう!!!」・・と笑顔で。

         以前にこのセリフ聞いたことがあります。 


画像画像



                 「櫻 サクラ」 と呼ぶ椿の種類    



画像



           淡桃色で半八重咲きとでもいうのでしょうか … 極小輪。

           ほのかな香があります。 

           ヤブツバキとフラテルナの交配で生まれた品種と言われています。


画像


                蕾の硬い頃に何度かこの椿に出あっています。

                一見蕾の頃は枝垂れ桜を想像できような樹姿だったんです。


画像


                開花した花姿を見てみたいとこの時期になると思ったものでした。


画像


          西畑季佐さん… 「朝もお掃除したのですが、この椿、桜のようにハラハラと花弁を

          散らすのですよ」…と。
              
          「サクラ」 椿! とても優雅です …   ああ!花弁が散りましたよ。

         
         椿・桜 … どちらも違って大好き・好き。


画像画像



                「櫻 サクラ」椿の花姿を見せていただいてとても嬉しかったです。

                もう少し小さな花を想像していました … 存在感十分です。



                                  



              二月堂開山堂に原木 「糊こぼし ノリコボシツバキ」 と同じもの 

              別名は「良弁椿 ロウベンツバキ」。


画像画像



          「月光 ガッコウ」 … 唐子咲きの花の中心部。

          雄しべが花弁のように変化したこの丸い部分白色を月光(ガッコウ)椿。

          花弁と同じ真っ赤な唐子咲きの、「日光 ニッコウ」 椿もありましたよ。


画像画像



                この花姿がとてもお気に入りです  「利休 リキュウ」


                極淡桃色 一重 盃状咲き ユキ芯 小輪


画像画像



            「清少納言 セイショウナゴン」         「黒獅子金魚 クロジシキンギョ」 
 

画像画像

    

   白地に紅縦絞りなど多様に咲き分ける八重

   尾張地方に古くから栽培されている品種。


      「想いのまま  オモイノママ」                         「大納言 ダイナゴン」


画像画像


    江戸時代からの高級品種 濃紅地に白い大斑の入った八重咲き。

     大ブームになったこともある人気の高い品種。
                                        ワビスケツバキではなく、ヤブツバキ系。

       「岩根絞り イワネシボリ」              「永楽 エイラク」 別名「黒侘助 クロワビスケ」


画像画像


    細長い葉が付いた枝は枝垂れて 花も下を向いています。   五島が生んだ銘花中の銘花。

             「孔雀椿 クジャクツバキ」              「玉之浦 タマノウラ」

画像画像



                       タイニープリンセス

        この椿の花は、タイニー(小さい)という名の通り、小輪です。

        2種類のうちの 白地で弁周ピンク・半八重咲きです。

        1959年の天皇陛下と皇后陛下のご成婚を記念して、アメリカで作られた品種だそうです。

画像画像



                        この花の前で暫く見入ってしまいました。

                        原種椿 ルチエンシス (ヒメサザンカ) 


画像



           白色 一重で 極小輪 … ほのかな香りが … 梅の香りに似ているのかなあ。

           交配により多くの香り椿が生まれているそうです。

           自生地は、西表島~奄美大島だそうです。

           開花した花姿は … どこかで見たような??あああ!ヒメシャラに似ています。
                                  


画像

画像



        1時間近くビニールハウスの椿を観賞させていただいて堪能して近鉄郡山駅まで送ってもらう。

        甘い香りの余韻に浸りながら … チャりが置いているので病院の最寄り駅で下車。

        14:00からの春季永代経参拝に間に合うように帰宅。



                  ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………


3月5日(」土) 6日(日) 

            14:00 浄照寺春季永代経法要

                    勤行   佛説阿弥陀経

                    法話     龍谷大学大学院教授    葛野 洋明 師

        光の浄土

 浄土は、無量の光に満ちあふれた世界。
 如来の智慧が光となって輝き、限りなくはたらき続ける さとりの世界である。
 親鸞聖人は、阿弥陀如来の浄土をお示しになり、

            無量光明土なり    と仰せになる。

 如来の浄土へ生まれるならば、その光のはたらきにより、いかなる煩悩も、 浄土と同じさとりの
 功徳へと変えられる。
 それはあたかも、海へと流れ込む川の水が、すべて一味の海潮となるような、 広大なはたらきである。
念仏の教えをいただく者は、限りない光の浄土へ生まれ、この上ないさとりの利益を恵まれるのである。
                                               拝読 浄土真宗の教え 

               
               19:00 庫裏に集合、明日のお斎 100食分のかやくご飯仕込み。


画像




3月6日(日) 


     8:00  庫裏に集合 1釜のかやくご飯の出来上がりが硬かったので蒸し器で応急手当。

     100食が出来上がりペットボトルのお茶も大釜に湯を沸かしてその中で温めました。

     味気ない器なので、急遽春色のB5用紙半切を用意していただいてパックを被い、春の

     雰囲気をほんの少し添えられました。



           10:00   勤行  正信偈 

           10:40   法話  龍谷大学大学院教授    葛野 洋明 師

           12:00   お斎


           美しき西方浄土

  経典には、阿弥陀如来の西方浄土が、清らかな蓮華が咲き、麗しくかざられた、さとりの浄土として
 説かれている。
 親鸞聖人は、安楽浄土のさまざまなありさまを、

          法蔵願力のなせるなり と仰せになる。

 美しい浄土のありさまは、「迷いの凡夫を我が国に生まれさせ、必ずさとりに導きたい」
 という阿弥陀如来の願いの力に よってできあがっている。

凡夫は、さとりの世界に背を向け、迷いの世界にあり続けている。
 阿弥陀如来はそれを哀れみ、さとりの内容を凡夫に応じて 示される。
美しくかざられた安楽の世界を、夕日の沈む西方に建立して、 凡夫の到るべき世界を指し示し、
浄土に生まれさせてさとりに導かんと願われるのである。
 


画像画像

                 


            昼食の後はコーヒーを準備して御満座までの時間をおしゃべりでお楽しみです。


            14:00    春季永代経 御満座法要 

                     勤行   佛説 阿弥陀経

                     法話   龍谷大学大学院教授    葛野 洋明 師



                   浄土への人生
          阿弥陀如来は、煩悩によってさとりに至ることのできない凡夫を哀れみ、あらゆる
          功徳を南無阿弥陀仏に込めて私たちにふり向けておられる。親鸞聖人は仰せになる

          臨終一念の夕 大般涅槃を超証す

          いのち終えるとき、すみやかに浄土に生まれ、この上ないさとりを開かせていただ
          く。南無阿弥陀仏のはたらきに出あうものは、むなしい迷いの生を二度とくり返す
          ことはない。如来のはたらきに出あう人生は、無常のいのちを生きながら、かなら
          ず さとりの浄土に生まれゆく、むなしく終わらぬ人生である。




             一昨年までお斎の準備をご一緒させていただいた法友、2月にご往生。

             寂しくなりました … 話し声が聞えそうです … 還相の菩薩様ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 130

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
2021年05月 >>
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31               

過去ログ

テーマ別記事

プロフィール

ニックネーム:
やろい
性別:
ばあば
出身地:
奈良県
居住地:
奈良県
趣味:
季節の花を愛でること
一言:ニックネーム「やろい」はユラユラ揺れる「やじろべい」から3字いただいたものです。



seesaa_profile_icon



読者メッセージを送る

QRコード