城南宮 平安の庭 * 室町の庭 * 桃山の庭 * 城南離宮の庭


神苑源氏物語 花の庭 「春の山」拝観後、本殿脇の散策道を平安の庭へ。


2021_02222012年2月21日城南0135.JPG



2021_02222012年2月21日城南0136.JPG


   杉の古木が祀られています。

2021_02222012年2月21日城南0138.JPG


神楽殿


2021_02222012年2月21日城南0140.JPG


神楽殿のガラスに写る平安の庭 入口。


2021_02222012年2月21日城南0141.JPG


神楽殿 紅梅


2021_02222012年2月21日城南0143.JPG


平安の庭


2021_02222012年2月21日城南0145.JPG


平安時代の貴族の邸宅、寝殿造りの庭をモデルにした「平安の庭」。

2021_02222012年2月21日城南0150.JPG


平安の庭から神楽殿


寝殿造りを模した神楽殿から木々の影を写す池に続きます。


2021_02222012年2月21日城南0151.JPG


池には中ノ島があり、段落ちの滝から清流が注ぎ、2筋の遣水が流れています。

2021_02222012年2月21日城南0154.JPG

日陰は苔むした庭と踏み石


2021_02222012年2月21日城南0155.JPG



王朝の雅を偲ばせる「曲水の宴」が催される庭。

「曲水の宴」は毎年4月29日と11月3日の14:00から。

当日は9:00から16:00まで神苑が無料開放されるそうです。

2021_02222012年2月21日城南0156.JPG


曲水庭園での「曲水の宴」は、平安時代の貴族が

杯が自分の目の前までに流れてくるまでに詩歌を作って詠み、

盃の酒を飲んで次へ流すという遊びを楽しむ庭。

2021_02222012年2月21日城南0157.JPG



2021_02222012年2月21日城南0158.JPG


冬場の杉苔は寒風によって杉苔は赤っぽく変色してしまいます。

「苔の紅葉」とでも言いましょうか・・・

初夏になればまた鮮やかな緑が戻ってくるでしょう。

2月24日河津桜 002.JPG


通路を挟んで室町の庭の散策


2021_02222012年2月21日城南0162.JPG


「室町の庭」室町時代の様式池泉回遊式庭園。

2021_02222012年2月21日城南0163.JPG


池の中央には不老長寿を象徴する松が生える蓬莱島があり、

その対岸の3っの石(三尊石)は三体の仏を表し理想の世界を象徴しています。

池には錦鯉が泳ぎ、4月末の藤、5月のつつじ、秋の紅葉が美しい。 案内より

2月24日河津桜 003.JPG


「室町の庭」にある楽水軒

2021_02222012年2月21日城南0166.JPG


楽水軒(お茶室)では巫女さんのお手前でお抹茶をいただくことができます。

2021_02222012年2月21日城南0167.JPG


手水鉢と利休灯篭


2021_02222012年2月21日城南0169.JPG

室町の庭から本殿

2021_02222012年2月21日城南0170.JPG


室町の庭から桃山の庭へ


2021_02222012年2月21日城南0171.JPG


室町の庭の南側に桃山の庭が築かれています。

「桃山の庭」は、広々とした芝生を海に見立て、

そこに一群のソテツの「島」を配し、前面に点在する岩島、

背後には波濤を表す大刈込みを添えた、モダンで豪快な意匠です。


2021_02222012年2月21日城南0173.JPG


冬越しの菰で覆われた蘇鉄

初夏には鮮やかな緑、また違った姿を見ることができることでしょう。


2021_02222012年2月21日城南0175.JPG

桃山の庭から眺めた室町の庭


2021_02222012年2月21日城南0177.JPG


楽水軒と紅梅


2021_02222012年2月21日城南0181.JPG

赤松の大木

2021_02222012年2月21日城南0183.JPG


見事な枝ぶりちょっと立ち止まり。


2021_02222012年2月21日城南0185.JPG

水石亭前から眺めた室町の庭

2021_02222012年2月21日城南0189.JPG


桃山の庭に続く城南離宮の庭


2021_02222012年2月21日城南0190.JPG


枯山水の庭園。

平らな石を敷いた苑路が鴨川を、敷き詰められた白い石が離宮の池を、

緑の草が陸地を、岩組みが殿舎を表しているそうです。


2021_02222012年2月21日城南0193.JPG


この城南離宮で、上皇のもと貴族が花見の宴や和歌の会を催し、

また武士が流鏑馬で弓馬の技を競った時代が150年余り続いたそうです。

2021_02222012年2月21日城南0195.JPG


最初に訪れてから半世紀の経過は今回が最初のような感覚。

コロナ禍2時間足らずの拝観は、貴い癒しの時間をいただきました。

しだれ梅に落ち椿・・・目を閉じても浮かんできます。

もし来年、再度訪れることができるなら・・・

そんなことを願いながら・・・細やかな遅いランチの場所へ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 109

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31            

過去ログ

テーマ別記事

プロフィール

ニックネーム:
やろい
性別:
ばあば
出身地:
奈良県
居住地:
奈良県
趣味:
季節の花を愛でること
一言:ニックネーム「やろい」はユラユラ揺れる「やじろべい」から3字いただいたものです。



seesaa_profile_icon



読者メッセージを送る

QRコード