世界遺産 仁和寺(旧小室御所)遅咲きの御室桜 * ミツバツツジ(三葉躑躅) 

4月2日(金) 花曇り



仁和寺の玄関、正門「二王門」(重要文化財)

仁和寺の二王門は、知恩院の三門、南禅寺の三門・・・京の三大門と呼ばれています。



4月2日仁和寺桜 001.JPG


二王門をくぐると一気に広大な境内が目に入ります。

正面中門(重文)、遠くに衣笠山。


4月2日仁和寺桜 003.JPG


観桜・御殿拝観券(800円)購入。

二王門直ぐ左、御殿拝観へ。

御殿大玄関前、手入れの行き届いた松・松・松


4月2日仁和寺桜 009.JPG



 仁和寺の御殿は、宇多法皇の御所があった辺りに建つことから

旧御室御所」とも呼ばれる。


4月2日仁和寺桜 016.JPG


美しい箒目に息を飲む


2021_04024月2日仁和寺大きな0003.JPG


箒目の整った庭の向うに勅使門


2021_04024月2日仁和寺大きな0001.JPG


左近の桜と白書院


4月2日仁和寺桜 018.JPG


白書院から黒書院


4月2日仁和寺桜 021.JPG


霊明殿 歴代門跡の位牌を安置する堂。
 本尊は秘仏の薬師如来。


4月2日仁和寺桜 026.JPG


手入れの行き届いた庭にシャクナゲ


4月2日仁和寺桜 030.JPG

黒書院 宸殿への渡り廊下

4月2日仁和寺桜 031.JPG


渡り廊下から宸殿前の庭


4月2日仁和寺桜 034.JPG


宸殿 北庭


2021_04024月2日仁和寺大きな0005.JPG


宸殿の北側にあることから「北庭」と呼ばれる池泉式の庭園。


4月2日仁和寺桜 038.JPG


神殿から眺める遠くの五重塔


4月2日仁和寺桜 047.JPG


「左近の桜」と「右近の橘」


宸殿南側の南庭に植えられている「桜」と「橘」。

左近の桜

2021_04024月2日仁和寺大きな0007.JPG


右近の橘

 それぞれの近くに左近衛と右近衛が配陣したためそう呼ばれる。

2021_04024月2日仁和寺大きな0011.JPG


御殿拝観を終えて参道へ

御殿前の御室桜  


4月2日仁和寺桜 049.JPG


中門への参道の御室桜


4月2日仁和寺桜 051.JPG

勅使門

4月2日仁和寺桜 052.JPG


中門への参道に記念樹として植えられている桜。

台風の被害で200本以上の倒木被害となり、樹木の整備事業として。


4月2日仁和寺桜 053.JPG


中門 観桜券拝見 ・・・


4月2日仁和寺桜 056.JPG


名勝御室桜園前の参道


4月2日仁和寺桜 057.JPG


御室桜園入口


4月2日仁和寺桜 058.JPG


通路は樹木保護のため木道に。


4月2日仁和寺桜 062.JPG


仁和寺と言えば御室桜と・・・・若かりし頃からの印象です。

樹高約2m〜3m前後の里桜。

2021_04024月2日仁和寺大きな0021.JPG


樹高が低いので桜の花を間近に見ることができるのが特徴で、

一重や八重の種類が植えられていて、大正13年(1924年)国の名勝に指定。

2021_04024月2日仁和寺大きな0024.JPG


タンポポとお多福桜が咲く距離はほんの40~50cmぐらいのところも。


2021_04024月2日仁和寺大きな0026.JPG


散策道から金堂の甍


4月2日仁和寺桜 101.JPG


御室桜園には約200本の御室桜が植えられているそうです。



4月2日仁和寺桜 070.JPG


空も辺りも花曇り


4月2日仁和寺桜 074.JPG


花曇りでぼんやりの散策道


4月2日仁和寺桜 075.JPG


花も空も同じ色


4月2日仁和寺桜 076.JPG


散策道の少し高台から見え隠れする五重塔


2021_04024月2日仁和寺大きな0014.JPG


御室桜7部咲きと案内されていました。


2021_04024月2日仁和寺大きな0023.JPG



4月2日仁和寺桜 078.JPG



4月2日仁和寺桜 083.JPG


御室桜園を一回り五重塔への散策道


2021_04024月2日仁和寺大きな0037.JPG

花曇りの五重塔

4月2日仁和寺桜 090.JPG


徳川三代将軍家光の寄進によって建てられた五重塔(重文)

「御室の塔」と呼ばれ親しまれています。

4月2日仁和寺桜 095.JPG


京都の東寺にある五重塔と仁和寺の五重塔、上層から下層、

各層の幅に、あまり差が出ないように作られているそうです。


4月2日仁和寺桜 097.JPG


五重塔・御室桜・ミツバツツジ・芽出し紅葉のコラボ


4月2日仁和寺桜 098.JPG


金堂は京都御所の紫宸殿を移築。

退位後の天皇や皇族が代々仁和寺に入寺ににより

(門跡寺院)、御室御所)と呼ばれています。

2021_04024月2日仁和寺大きな0030.JPG


金堂は優美な雰囲気で、お寺のようなイメージと異なります。

金堂の周りには多くのミツバツツジが見頃をむかえていました。


2021_04024月2日仁和寺大きな0031.JPG


重文 鐘楼  江戸時代の鐘楼代表作


2021_04024月2日仁和寺大きな0032.JPG


上部は朱塗で高欄を周囲に廻らせ、下部は袴腰式覆いが特徴的な建築物。

2021_04024月2日仁和寺大きな0036.JPG


重文 御影堂


2021_04024月2日仁和寺大きな0035.JPG


ミツバツツジ(三葉躑躅)ツツジ科 ツツジ属


4月2日仁和寺桜 084.JPG

観音堂

4月2日仁和寺桜 086.JPG


観音堂から中門へ・・・

中門の石段から名勝御室桜


2021_04024月2日仁和寺大きな0044.JPG


4月2日仁和寺桜 100.JPG

中門から二王門

4月2日仁和寺桜 102.JPG


お昼が過ぎました・・・境内の御室会館 「梵」で昼食。

湯葉丼 ・ 湯葉蕎麦に分かれました。


4月2日仁和寺桜 106.JPG


ご飯に湯葉が敷き詰められ、かき揚げに梅干し海苔、

甘垂れ・・・生湯葉美味しゅうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 110

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
2021年10月 >>
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31                  

過去ログ

テーマ別記事

プロフィール

ニックネーム:
やろい
性別:
ばあば
出身地:
奈良県
居住地:
奈良県
趣味:
季節の花を愛でること
一言:ニックネーム「やろい」はユラユラ揺れる「やじろべい」から3字いただいたものです。



seesaa_profile_icon



読者メッセージを送る

QRコード