花の鹿華苑  * クリンソウ * クマガイソウ * キリシマツツジ

4月28日(金) 友と多武峰淡山神社近くの隠れた穴場スポットとも・・・  花の里山 鹿華苑 案内板  個人のお宅のお庭を「鹿華苑」という名前で無料開放されています。 約1000坪に梅、つつじ、石楠花、水芭蕉、かざぐるま、クリンソウ等など。 花木約40種類、山野草(約60種類)が育てられています。 華苑へ続く散策道に大木の オオデ…

続きを読む

 宇治黄檗山 萬福寺 * 南座公演 都をどり*

南座公演 ‘都をどり‘ のお誘いを受けて二つ返事で久しぶりの京都へ。 京阪電車を利用するので、久しぶりに宇治黄檗山 萬福寺へも。                               京阪黄檗駅から徒歩 5~6分 黄檗山 萬福寺 総門 総門から三門への石條 境内参道の縦横の石條 龍の背の鱗をモチーフ化したものだそうです。 三門へと…

続きを読む

馬見丘陵公園桜とチューリップ  * 箸尾堤防沿い桜並木

4月1日(月) 友からお誘いを受けて馬見丘陵公園の桜とチューリップのお花見。 空のブルーは桜の花をより華やかに映えて引き立ちます。 週末から開催されるチューリップフェアーに備えて準備されたチューリップの花々。 チューリップフェアの頃には最高のお花が見れることでしょう。 その頃には残念ですが桜の花は多分、散ってしまっている…

続きを読む

寺田知世さんの個展*花冷えの西大寺 

小雨で花冷えの中、仏婦のお仲間と寺田知世さんより 案内をいただいていた個展を拝見に近鉄百貨奈良店へ。 繊細な花々に感激。 馴染みのある花々の色遣いに驚き。 堪能させていただいた後、館内のレストランで昼食。 奈良に住まいしながら初めてとの友もおられたので、 会場から徒歩10分ほどの真言律宗総本山 西大寺へ。 東門から参道 西大寺創…

続きを読む

天理別席の枝垂れ桜 ・ エドヒガン(江戸彼岸)

3月25日(木) 友が天理教別席の枝垂れ桜を知らないとの事から・・・ 少し早いかなあと…思いつつお出かけ。 案の定 ・・・少し早かったようです・・ 3分咲き・・・と言ったところかなあ・・・ 大木の枝々を支える支えの竹制円形吊り棚仕立て支柱は約30本以上ありそうです。 支柱から支柱に竹や木材でさらに細やかに桜を支えています。 …

続きを読む

馬見丘陵公園 カワズザクラ(河津桜)カンヒザクラ(寒緋桜)コヒガンザクラ(小彼岸桜)・サンシュユ(山茱萸)

馬見丘陵公園の河津桜が見頃と聞いてお出かけしました。 年々という言葉が近頃は月々に変わりつつあります。 そんなこんなでご縁のある時は喜んでお出かけするようになりました。 はるまちの丘からの眺め 満開という言葉がぴったり・・・・河津桜の満開です。 お昼をお花の下で楽しんでおられるご家族など・・・さまざま。 巣山古墳を中心とする南エリア…

続きを読む

奈良国立博物館  特別展 聖林寺国宝十一面観音菩薩像

急な暖かさで蕾だった樹々の花が一斉に開花が始まっています。 友と奈良国立博物館 「特別展 聖林寺国宝十一面観音菩薩 」展へ。 博物館前枝垂れ桜で名高い氷室神社。 四脚門横の樹齢百年を迎える老木といわれていたエドヒガン系枝垂れ桜。  「奈良一番ザクラ」とも呼ばれ、春の訪れを告げるシンボルだったのです。 以前から樹勢が衰えてきているのが気がかりでした。 とうとうこ…

続きを読む

「近畿年賀状を出そう!!キャンペーン」 応募当選 ・ ノリコボシツバキ

昨年暮、親戚のみの年賀状を購入時、 「近畿 年賀状を出そう!!キャンペーン」の応募用紙をいただいたのです。 当選には縁はないのですが、切手が余っている理由でで応募したようです。 そんなことなどすっかり忘れていたのに・・・・ 箱詰めが届いたのです。 意味不明のまま開いてみてもまだ気付きません。 すっかり年賀状??? 何て気抜けした時期ですから・・・ 当選おめでとうございま…

続きを読む

明日香村 牽牛子塚古墳一般公開見学

明日香村 牽牛子塚古墳(けんごしづかこふん)の整備完了して 6日から一般公開をニュースで知りました。 12年前牽牛子塚古墳発掘調査で八角形の古墳と分かり、 大化の改新で知られる中大兄皇子(天智天皇)の母、 斉明天皇の墓と有力視され、当時連れ合いと見学会に出かけました。 その後4年の歳月をかけて復元工事が完了したのです。 墳丘は高さ約5メートル、対辺の長さが約22…

続きを読む

タニウツギ(谷空木)* ベニウツギ(紅空木)* ヒトツバタゴ(一つ葉田子)ナンジャモンジャの花

報恩講法要が中止になり、友とナンジャモンジャの花を愛でに。 馬見丘陵公園・・・公園館から結の広場へ。 新緑の間から薄ピンクの タニウツギ タニウツギ(谷空木) ベニウツギ(紅空木) {タウエバナ(田植花) サオトメウツギ(早乙女空木)} スイカズラ科 タニウツギ属 日本の固有種。 ベニウツギ(紅空木) 花色を濃くしたタニウツギの園芸種…

続きを読む

バビアナ・ストリクタ(ホソザキアヤメ)* トリトニア * 奈良県緊急対処措置

新型コロナ“第4波”  奈良県も感染者が急増しています。 感染拡大防止のため、「奈良県緊急対処措置」の方針のもと お寺の大切な行事 5月1日2日の報恩講法要も急遽中止になり、 連絡網を活用して中止の案内をお知らせしています。    友が自宅の庭で育てたバラの花をくださった。 庭の 安曇野クレマチス…

続きを読む

新家長福寺ボタン(牡丹)* ギョイコウ(御衣黄)桜 *ウコン(鬱金)桜 *(ベニカナメモチ(紅要黐 )

新家長福寺 八重桜と牡丹の花 門前の鮮やかな新芽の紅葉、薄ピンクの八重桜、そして紫の藤の花 ベニカナメモチ(紅要黐 )バラ科 カナメモチ属  新芽の紅葉は、アントシアニン成分で葉が赤くなります。 生垣や街路樹、公園樹として植えられます。 新家 長福寺 山門と太鼓楼 山門掲示板のことば 死に支度  いたせいたせと         桜…

続きを読む

ヤエコデマリ(八重小手毬)*ドイツスズラン(独逸鈴蘭)* ホウチャクソウ(宝鐸草) * 

小さな庭にも春真っ盛り 玄関前にお気に入りで大きくし、移植したヤエコデマリ(八重小手毬) ヤエコデマリ(八重小手毬)八重咲小手毬 バラ科シモツケ属 花の時期が長いので楽しめます。 長い間、トケイソウ(パッシフローラ・コンスタンスエリオット)の 咲いてくれた場所だったのですが、あっけなく枯れてしまった後に 挿し木で移植したモッコイウバラ3…

続きを読む

明日香村 国営飛鳥歴史公園 石舞台古墳桜ライトアップ * 初参式(はつまいり)灌仏会(花まつり法座)

福栄寺住職さまから送付くださった世界遺産明日香石舞台古墳 夜桜のライトアップの風景です。   「4月2日19時頃です。試し撮りのつもり、今夜雨が降らなければ再挑戦する予定。 でも阪神勝ってたら野球みたいなとも思う・・・・・・。」 蘇我馬子のお墓ともいわれる幻想的な石舞台古墳  「ライトアップを再挑戦した4月3日7時半頃現地到着入…

続きを読む

世界遺産 仁和寺(旧小室御所)遅咲きの御室桜 * ミツバツツジ(三葉躑躅) 

4月2日(金) 花曇り 仁和寺の玄関、正門「二王門」(重要文化財) 仁和寺の二王門は、知恩院の三門、南禅寺の三門・・・京の三大門と呼ばれています。 二王門をくぐると一気に広大な境内が目に入ります。 正面中門(重文)、遠くに衣笠山。 観桜・御殿拝観券(800円)購入。 二王門直ぐ左、御殿拝観へ。 御殿大玄関前、手入れの行き届い…

続きを読む

京都迎賓館参観

迎賓館西門から係りの方の誘導で地下受付スペースに移動。 セキュリティチェック(空港のような)を受け、入館券購入(2,000円)  荷物預入(25cm以上の手荷物) 注意事項説明、概要紹介、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、  自由拝観は中止され、少人数ガイドツアーで、 私たちは8人グループになりガイドさんが2人の体制で参観となりました。 京都迎賓館は、日本の歴史、文…

続きを読む

京都御苑の桜 近衛邸跡糸桜 * 里桜 * 霞桜 * 山桜 等々

3月26日(金) 昨日の雨から今朝から晴天に恵まれお出かけ日和に。 京都駅から京都御苑中立売御門までタクシー移動。 蕾が膨らんだ 車 還 桜 後水尾天皇がその美しさに御車を引き返させたといわれる サトザクラの一品種 御所御車返 車還桜 とよんでいます。 御苑散策に心地よい風と青空。 満開の ソメイヨシノ …

続きを読む

奈良三名椿の一つ「糊こぼしの椿」 西洋椿ミリンダ *ニワウメ(庭梅)

3月21日(日) 東大寺二月堂修二会(お水取り)の堂内に、練行衆が作った「椿」の造花が飾られます。 原木椿は、東大寺・開山堂の庭に咲く、赤い花に白い斑点が入る 「糊こぼし」と呼ばれるものを模しています。 開山の良弁僧正を祀るため、別名「良弁椿」とも呼ばれ、 白亳寺の「五色椿」、伝香寺の「散り椿」とともに「奈良三銘椿」の一つに数えられています。 その…

続きを読む

群三重県津市美杉 ミツマタ(三又) の群生地 * 庭の タンチョウソウ(丹頂草)

福栄寺住職さまから送付くださったミツマタ(三又)、三重県津市美杉の群生地。 三つ叉の花かなり早かったみたいですが、人も無くゆっくり過ごせました。シーズン入ると車では入れないそうなので反って良かったかな? 花は3分咲きぐらいかな、後10日ぐらいで黄色がかなり出てくるのではと思います。群生地は三重県津市美杉 で初めて知りました。60年ほど前に杉林に植え込み育ててきたようです。一面杉木立の中で白…

続きを読む

極小椿「ロゼフローラ」 * 雄蕊の花弁化した真っ赤な椿 * 春を知らせる黄色の庭花

3月10日(水) お隣さんの庭に、今年も極小椿「ロゼフローラ」が咲き始めました。 この優しい薄ピンクの花がリビングから眺めています。  ロゼフローラ  別名  ロシフロラ、カメリア・ロサエフロラ  中国名を 短柄紅山茶 ・ 玖瑰連芯茶   ツバキ科 ツバキ属 中国南東部原産で1800年代にイギリスに渡った中国原産の原種椿とされているそう…

続きを読む

城南宮 平安の庭 * 室町の庭 * 桃山の庭 * 城南離宮の庭

神苑源氏物語 花の庭 「春の山」拝観後、本殿脇の散策道を平安の庭へ。    杉の古木が祀られています。 神楽殿 神楽殿のガラスに写る平安の庭 入口。 神楽殿 紅梅 平安の庭 平安時代の貴族の邸宅、寝殿造りの庭をモデルにした「平安の庭」。 平安の庭から神楽殿 寝殿造りを模した神楽…

続きを読む

馬見丘陵公園 カワズザクラ(河津桜)7部咲き * 満開近い梅林 *雪景色

2月27日(金) 外は肌寒い風が気になったのですが、お誘いを受け、友たちと細やかなランチの後、 馬見丘陵公園の河津桜が見頃かも???と・・・道草してみました。 中央エリアの梅林と南エリア「春まちの丘」の河津桜。 南エリア「春まちの丘」の河津桜が6・7部咲き カワズサクラ(河津桜)バラ科 サクラ属 ソメイヨシノよりも早く咲き始め…

続きを読む

城南宮神苑 源氏物語 花の庭 「春の山」しだれ梅、落ち椿

2月22日(月) 近鉄竹田駅下車  タクシーで5分。   1200年前、都の守護と国の安泰を願って、 平安遷都の際に京都の南に創建された城南宮。 西鳥居から参道 参道から城南鳥居 手水舎 正面 拝殿 右神楽殿 左むすび殿 紳興舎前枝垂れ梅 拝観券を購入して紳苑へ。 天候に恵まれて梅・椿の見頃に訪れる方が多数。 …

続きを読む

菅原天満宮盆梅展

2月20日(土) 理学療法士さんの都合で連れ合いの訪問リハビリの時間が 朝一からお昼前に変更になり、 昼食を済ますといつもと違って直ぐに昼寝タイムに・・・ 温かい陽射しに恵まれ・・・フリータイムを利用して・・ 思い付きで以前から行ってみたかった菅原天満宮の盆梅展へ。 近鉄尼ヶ辻駅下車 ・・・徒歩 10分 菅原天満宮正面の鳥居 天満…

続きを読む

エビネラン(海老根欄)ドイツスズラン(独逸鈴蘭)*ホウチャクソウ(宝鐸草)*小さな庭の春

小さな庭に春の陽がいっぱい。 半日陰の中庭にも エビネラン(海老根欄)ラン科 エビネ属が咲き始めました。 昨年咲き終わって、少し株を間引きました。 この種類の花が一番強く長持ちします。 新種のお花はどうしても育ちが悪いのです ・・・いえいえ、育て方に問題かも。 このお花もお気に入りです。 水あがりも好く仏華に重宝させていただきます。…

続きを読む

小さな庭の春 ヤエザキコデマリ*ツリガネスイセン*ドウダンツツジ ** ギフチョウ

小さな庭にも春が・・・ 6年前、買い物帰りお気に入りで連れ帰った、八重咲コデマリ。 鉢から庭に移植して1年、随分大きくなりました。 八重咲き コデマリ バラ科 シモツケ属  雨滴の重みで頭を垂らしています。 ジッと、見詰めていると、子どもの頃味噌部屋でみた発酵した米麹のようにみえました。 お気に入りの花です。 成長が早くて、鬱陶しくなるのが困…

続きを読む

馬見丘陵公園チューリップ満開、 つづれ織やシルク絨毯のような花畑。

満開のチュリップ園を、ちょっと遠慮気味に友と散策。 この広い公園に植えてお世話してくださったお方への感謝も十分に。 ミツバツツジ(三つ葉躑躅)も満開のようです。 紅葉並木の下に植えられた見事なチュリップの絨毯。 イロハモミジの並木は秋には紅葉が楽しめます。 笑み橋から眺めた大型テントの向こうに、二上山 . 桜、チュリ…

続きを読む

桜だより 吉野山*高取城址*明日香など‥(福栄寺住職さまより、有縁の皆さまへ)

4月11日   福栄寺住職さまから有縁の方々に送付くださった桜だより。 桜があせない内に送ります。吉野郡下市町内と五條市西吉野地区の枝垂れ特集にします、ちょっと遅かった感がしますが、あなたの目で綺麗やなぁぁぁと感じて戴ければ嬉しいです。てへへへへへへ。下手を棚に上げて。あなた任せです。 西吉野町十日市 性龍寺 西吉野町十日市 性龍寺 …

続きを読む

桜だより(福栄寺住職さまより、有縁の皆さまへ)

4月5日(日) 福栄寺住職さまから、有縁の皆さまへ送付くださった桜だよりです。    桜第1報 奈良県香芝市畑 2020.03.25撮影 専称寺枝垂れ桜 ご笑覧下さい。  毎年の写真ですが綺麗でしたので報告します。   次の日に読売TVで昼・夜ライブやってました。 近鉄南大阪線の二上山駅から徒歩数分、専称寺があります。 二上山の麓、ひっそりと落ち着いた浄土宗の寺院…

続きを読む

ミリンダ(椿)開花*連れ帰ったノリコボシ(糊零し)ツバキ 植え替え* 

4月5日(日) 庭にセイヨウツバキミリンダが咲き始めました。 淡いピンクの花は、毎年お寺の法要、花まつりの行事に献花しています。 今年は新型コロナウイルスの猛威のため、お寺の全ての行事が中止になりました。 花まつりに献花の後、挿し木されたミリンダも、随分多くの法友たちの庭で咲くようになりました。 昨年の花まつりに…

続きを読む

2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31            

過去ログ

テーマ別記事

プロフィール

ニックネーム:
やろい
性別:
ばあば
出身地:
奈良県
居住地:
奈良県
趣味:
季節の花を愛でること
一言:ニックネーム「やろい」はユラユラ揺れる「やじろべい」から3字いただいたものです。



seesaa_profile_icon



読者メッセージを送る

QRコード