京都北野天満宮 * 上七軒通り

11月29日(月) 以前から北野天満宮「御土居の紅葉苑」へ行ってみたいと思っていたのですが、 今回そのご縁に恵まれました。 京都駅からタクシーで北野天満宮東門へ続く「上七軒」散策の入り口で下車。 上七軒(かみしちけん)とは、京都市上京区真盛町から社家長屋町に位置する花街です。 地元の住民は「かみひちけん」と発音します。 室町時代に北野天満宮の…

続きを読む

五十鈴川の紅葉 ・ 伊勢神宮内宮

11月25日(木) 短い時間でしたが、伊勢内宮五十鈴川紅葉散策の時間に恵まれました。 宇治橋から眺めた河原にたった1本咲き誇る桜 シキザクラ(四季桜) マメザクラとエドヒガンの種間雑種 秋と春の二季に咲くので ニキザクラ(二季桜)とも。 四季桜は秋がメインなので紅葉とのコラボが素敵です。 手入れの行き届い…

続きを読む

コウテイダリア  馬見丘陵公園の紅葉 

11月29日(金) 友の新車に便乗させてもらった3婆たち、細やかなランチの後、 散策におあつらえ向きの小春日和に恵まれました。 首が怠くなるほど見上げないと・・・ コウテイダリア(皇帝ダリア)日本では学名を訳 キク科 ダリア属 コダチダリア(木立ダリア)キダチダリアと呼ばれることも 高さ8-10メートルになるダリア…

続きを読む

江戸柿で干し柿を作る

11月3日(水) 友から吊るし柿にと大きな江戸柿(渋)をいただいた。 例年のことですが・・・昨年は何故だか実が生らなかったそうでパス。 皮を剝いて熱湯にくぐらせました。 大きな鍋に大きな江戸柿はたった3個しか入りません。 江戸柿は、奈良県特産の釣鐘型の渋柿です。 干し柿用ですが渋抜き処理をして熟した果肉は、柔らかく甘みも格別で…

続きを読む

マユハケオモト(眉刷毛万年青)(ハエマンサス) * マコモダケ(真菰筍)

夏場庭の手水鉢で休眠するマユハケオモト(眉刷毛万年青) 蕾の現われるのを今か?今かと・・・ ええええ!!!いつの間にか3輪がニョキニョキ。 マユハケオモト(眉刷毛万年青)(ハエマンサス) ヒガンバナ科・ハエマンサス属 花茎頂に葱坊主を思わせる花をつけます。 葯は、黄色。白い花糸が伸びると丸い刷毛のイメージに近づきます。 花の中を覗いてみると、ぎ…

続きを読む

なばなの里 花ひろば (コスモス・ダリア)・オオオニバス(大鬼蓮)

なばなの里ベコニアガーデン、「見返りの花」から眺めた美しさの余韻を残しながら退出。 残り時間で、花の広場散策へ向かいます。 散策道に目の覚めるようなグリーンと真紅の2色のコリウスが出迎えてくれました。 広大なお花の花壇、約43,000㎡の「花ひろば」に150万本のコスモス、 約200種8,000株のダリアが咲く、この季節ならではのイベントと案内されています…

続きを読む

なばなの里 ベコニアガーデン 見返りの花

近鉄八木から特急 1時間30分 近鉄桑名  桑名からなばなの里 直通バスにて。 なばなの里   ベコニアガーデンへの散策道 散策道一面に夏咲きのお花がまだまだ健在でした。 白い可憐な ユーホルビア グラマー トウダイグサ科 一面に咲き誇るさまは感嘆詞の連続です。 ベコニアガーデン前の水連池 「睡蓮」は、夕方になると眠る(睡る)よう…

続きを読む

シロクジャク(白孔雀)ルリマツリ(瑠璃茉莉)シュウメイギク(秋明菊)

9月29日(水) 雨の後、ほんの少し秋が深まった気配を感じます。 朝夕の風が心地よくなりました。 小さな庭の手入れも少しづづやり辛く感じるようになりました。 そんなこんなで中庭を残して、全ての樹や庭石など撤去して 手入れのしなくても好い庭に切り替えようと、 この庭を造ってくださった造園屋さんにリホームをお願いしました。 少しづつ、少しづつ…

続きを読む

シロバナマンジュシャゲ(白花曼殊沙華) *ヒガンバナ(彼岸花 )*イチョウ(銀杏 )* イチョウのまな板

朝夕、随分過ごしやすくなりました。 庭にも秋の気配が・・・シロバナマンジュシャゲ (リコリス)(白花曼珠沙華)・  ゼフィランサス タマスダレが一気に開花しています。 シロバナマンジュシャゲ(リコリス)(白花曼珠沙華 ) ヒガンバナ科 ヒガンバナ属 一気にニョキニョキ 秋の彼岸の入り・・・ 季節は忘れないのですね。 裏の児童公園、用…

続きを読む

月下美人 * 珍しい里芋の花

9月11日(土) 今年もまた福栄寺住職さまから神秘的な美しい花姿を持つ 月下美人の写真を送付いただきました。 9月に入り少し朝が涼しくなってきました。コロナは相変わらずですが皆様いかがお過ごしでしょうか? だいたいはワクチン済んでいる方が多いと思いますが、(私のお連れですから年齢的に順番が早い片が多いので)  今年初めて月下美人が咲きました。お送りします。…

続きを読む

小さな秋

9月6日(月) 日々の暮らしの中で時間の経過の早さに唖然としています。 リホーム後の整理整頓が落ち着き、ゆったり車椅子の通路が確保できました。 2階へ続くリフトにもスムーズに・・・ 2階のリフトから車椅子に移る場所を広くするため、 納戸のタンスを一竿断捨離決断・・・・粗大ごみの回収券を購入して役所に依頼。 衣類などなど4袋断捨離。 そのための時間を費やしてしま…

続きを読む

国営飛鳥歴史公園 史跡中尾山古墳発掘現地説明会参加

11月29日(土) 中尾山古墳は国営飛鳥歴史公園 高松塚周辺地区内に位置し、 世界遺産候補「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」の 構成資産でり、明日香村教育委員会による発掘調査が行われています。  今回の調査では、8世紀初めに築かれた同古墳が3段築成の八角形墳であることや、 周囲を3重の石敷きが巡っていたことまた、被葬者の遺骨を納めた石室に…

続きを読む

多武峰淡山神社ライトアップ紅葉 * シコンノボタン(紫紺野牡丹)

福栄寺住職さまから送付くださった多武峰淡山神社、ライトアップの映像。 11月18日夕方からライトアップしていると聞き、ちょっと寄りながら出かけました。 淡山神社は紅葉今真っ盛り、ライトアップの設備も固定したもので、 余り邪魔にも成らず見栄えが良くなりました。  ライトの色もLEDで白熱灯のように赤くならずいい感じでした。ご笑覧下さい。   十三重塔室町時…

続きを読む

秋の色が深まりました * スプレーギクの開花 * ドウダンツツジの紅葉

11月7日(土) 連れ合いが自宅に戻って1週間が経過。 生活様式の変化にも、徐々に戸惑いが少なくなりました。 放置された庭の赤色スプレーギク が、気付かないうちに開花を迎える季節になっていました。 入院中自宅では、電動ベットに交換、訪問看護、リハビリ等などの手続き・・・ 術前後1週間の絶食と安静、1ヶ月の入院生活は筋肉の老化…

続きを読む

シロバナホトトギス(白花杜鵑)* ツワブキ(津和蕗) *

10月19日  蕾だった御杖村の山野草園でいただいたシロバナホトトギス(白花杜鵑)が、 日陰のハナミズキの樹の下で開花しています。 シロバナホトトギス (白花杜鵑)ユリ科 ホトトギス属 日当たりのいい場所は、葉焼けして花の数も少なく、 次年度は、日陰の植え替え場所を考えてみましょう。 日陰の葉は小さなバッタの食べ物になりまし…

続きを読む

山野草  ホトトギス(杜鵑)* シロバナホトトギス(白花杜鵑)

10月6日(火) 最低気温一気に15℃を割り込みました。 少し暖かめな寝具に変更 ・・・ つい10日位前までは、エアコンが必要だったのに・・・ 庭の片隅でシュウメイギク(秋明菊)が咲き誇っています。 暑さで弱っていたヒべり カムゴールドフォーム 根元から刈込ました。 徐々に新芽が復活しつつあることを確認。 ハナミズキの木陰で待機する 山野…

続きを読む

 コウシュンカズラ * センペルビュームタルフ *

コロナウイルス感染の影響で、病院ボランティア「ひまわり」の活動は4月からお休みです。 自身は3月末で引退したのですが、メンバーとはいつまでも・・・ 地域の方のみで一度おしゃべりに集まろう・・・と。 そんなこんなで、コーヒでも飲みながら近況報告などで。。。。集合。 メンバーの一人が自宅庭で育てているバラを、切り花にして持参してくださった。 その中に珍しいコウシュンカズラ (恒…

続きを読む

一気に秋の気配 * シロバナマンジュシャゲ(白花曼珠沙華)(リコリス) * シュウメイギク(秋明菊)

9月20日(日) 一気に秋の気配・・・つい最近まで猛暑、真夏日だったのが一気に最低気温20度を割りました。 慌ただしく、寝室の模様替え。 真夏の間、西日対策にカーテンを外して、ブラインドと竹簾で過ごしていたので。 竹簾を外してカーテンに戻しました。 庭にも秋の気配・・・シロバナマンジュシャゲ (リコリス)(白花曼珠沙華)・  ゼフィランサス タマスダレが一気に開花しています。 …

続きを読む

橿原神宮深田池辺、フユザクラ(冬桜)

 11月23日(土) 橿原神宮前駅を降りて正面に見える小高い山 畝傍山(199m)           大和三山の中で最も高い山で、周囲に古代の天皇や貴族の陵墓が多く、   橿原神宮神苑や神武天皇陵の森が広がります。    正面橿原神宮一の鳥居 南神門 手水舎 赤く染まった紅葉の向こうに深田池 深田池 池…

続きを読む

音羽山 観音寺 「やまと尼寺精進日記」 E テレの舞台 … 胸突き八丁の山参道にたじたじ

11月5日(火) NHKEテレ「やまと尼寺精進日記」を拝見して 一度はご縁をいただきたかった 音羽山 観音寺 何度も候補に上がりながら、体力的な不安から実現できませんでした。 今回妹夫妻に誘われて、時間を気にせず上ることで、とうとうご縁に遇うことができました。 万葉のふるさと奈良県・桜井市。 急な山道を登ること40分の音羽山観音寺に、尼僧たち3人が…

続きを読む

土佐街道散策、ひまわり院外親睦会

 10月31日(木) 年に1度のひまわりの院外親睦会 … 壺阪山下車、土佐街道散策。 ボランティアの例会なので、保険の関係もあり、 何時でも清掃ができるような体制で、ごみ袋を準備してくださっています。 高取城跡や壷阪寺への最寄り駅なので、数組の方たちが下車されました。 石畳の土佐街道(市電の敷石再利用)なだらかな坂道が続…

続きを読む

ザクロ(柘榴)* 茶豆の枝豆

緩和病棟ホールで、月1回のがんサロン開催日 スタッフの相方が自宅庭で生った弾けたザクロを持参くださった。 こんな見事に弾けたザクロを手に取るのは久しぶりです。 サロンに参加くださったお方に、コーヒー、紅茶のお供にお出ししました。 人数に分けると少しずつになりましたが、珍しいので和やかな雰囲気になりました。 弾けていない実も割ってみるとしっかり…

続きを読む

山野草 ホトトギス ・ シロバナホトトギス * 朝焼け・夕焼け(丸子山古墳から)

庭の半日陰に植えている山野草のホトトギスが咲き始めました。 4年前の秋、宇陀郡御杖村の山野草園でいただいてきてホトトギスです。 ホトトギス(杜鵑草) ユリ科 ホトトギス属 山野草の ホトトギスは、花被片の基部は丸く膨らみ蜜を溜めています。 花被片は斜め上方に伸び、花糸と花柱にも斑点があります。 大きな特徴は枝分かれしないこと。 茎や葉全体が細…

続きを読む

” リレーフォ―ライフ ジャパン 2019奈良 ” 日暮れからの参加 

9月28日(土)  少し早目の夕食の準備を終えて、” リレーフォ―ライフ ジャパン 2019奈良 ”へ  がんサロンのお仲間がスタッフとして活躍してくださっているお姿を応援に。 会場  天理駅前広場 コフフン        リレー・フォー・ライフ、がんと闘う人の勇気を讃え、患者、家族、一般の人や医療者など、      様々な立場の人たちの交流を通…

続きを読む

土佐街道 高取町「かかし祭り」準備期間中にちょこっと散策

9月26日(木)         半世紀来のお付き合いの4婆と、月1回の細やかなランチのためにお出かけ。 橿原神宮前駅で吉野線乗り換え、明日香散策の拠点。 里中満智子さん作、飛鳥時代が舞台の歴史漫画「天上の虹」のイラストを使ったラッピング列車。 「あすか万葉」を南大阪線・吉野線で運行して…

続きを読む

川面のケハギ(毛萩 五月雨萩 達磨萩) * シロハギ(白萩)

近くの用水路の径沿い、初夏の川面に揺れて咲いていた ケハギ(毛萩)が再度、花を咲かせてくれました。 ケハギ(毛萩) マメ科 ハギ属  別名、サミダレハギ(五月雨萩)とも呼ばれ、梅雨入り頃から咲き始まます。 今年の初夏は天候が不順で、花は色艶が無く水に揺られることはありませんでした。 人通りの少ないこの径は、萩とススキの見頃には癒しの場…

続きを読む

ぎんなん(銀杏・ギンナン)の季節 * シュメイギク(秋名菊)

朝夕の気温が肌寒く感じるようになり、 南側の部屋に入る陽射しが、一段と奥深くへ移動てきました。 庭の片隅にシュメイギク(秋名菊)の花が咲き始めました。 シュウメイギク(秋名菊) キンポウゲ科  イチリンソウ属(アネモネ属). お気に入りだった白のシュウメイギク、白絹病の発生で全滅。 生き残ったピンクのシュウメイギクのみが秋風に揺れていま…

続きを読む

セセリチョウとブルーサルビア  * コヒガンバナ * キハゲハ幼虫 * 列車避暑旅 

ブルーサルビア と イチモンジセセリチョウ & チャバネセセリ    ブルーサルビア シソ科  アサギリ属 に蜜を求めて集まる虫たち。 大きな ハナアブ キマダラセセリチョウ コヒガンバナ  ヒガンバナ科  ヒガンバナ属 が咲き始めています。                       フェンネル   …

続きを読む

実りの季節を迎える樹々。

公園の花壇は、秋のシーズンに向かっての準備期間でしょうか … 土を静かに寝かせる時期に入っているようです。 散策する方はまばら ... 下池あたりに咲くサルスベリの群落。 それぞれ微妙に違った色の花を咲かせています。 樹々の花の少ない時期、緑に華やかさを添えます。  サルスベリ  ヒャクジッコウ(…

続きを読む

  深田池畔のフユザクラ(冬桜) * フェレット(イタチ)のお散歩

            橿原神宮南神門広場の南方、手水舎の左手に静かな深田池の水面が広がっています。         案内板には、面積は約4万9500㎡(約1万5000坪) …対岸までの遊歩道が整備されています。         築造時期は不詳ですが、万葉の時代から歴史のあるため池で、         推古女帝が造った畝傍池が、この深田池であるといわれています…

続きを読む

2021年12月 >>
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去ログ

テーマ別記事

プロフィール

ニックネーム:
やろい
性別:
ばあば
出身地:
奈良県
居住地:
奈良県
趣味:
季節の花を愛でること
一言:ニックネーム「やろい」はユラユラ揺れる「やじろべい」から3字いただいたものです。



seesaa_profile_icon



読者メッセージを送る

QRコード