京都北野天満宮 * 上七軒通り

11月29日(月) 以前から北野天満宮「御土居の紅葉苑」へ行ってみたいと思っていたのですが、 今回そのご縁に恵まれました。 京都駅からタクシーで北野天満宮東門へ続く「上七軒」散策の入り口で下車。 上七軒(かみしちけん)とは、京都市上京区真盛町から社家長屋町に位置する花街です。 地元の住民は「かみひちけん」と発音します。 室町時代に北野天満宮の…

続きを読む

五十鈴川の紅葉 ・ 伊勢神宮内宮

11月25日(木) 短い時間でしたが、伊勢内宮五十鈴川紅葉散策の時間に恵まれました。 宇治橋から眺めた河原にたった1本咲き誇る桜 シキザクラ(四季桜) マメザクラとエドヒガンの種間雑種 秋と春の二季に咲くので ニキザクラ(二季桜)とも。 四季桜は秋がメインなので紅葉とのコラボが素敵です。 手入れの行き届い…

続きを読む

江戸柿で干し柿を作る

11月3日(水) 友から吊るし柿にと大きな江戸柿(渋)をいただいた。 例年のことですが・・・昨年は何故だか実が生らなかったそうでパス。 皮を剝いて熱湯にくぐらせました。 大きな鍋に大きな江戸柿はたった3個しか入りません。 江戸柿は、奈良県特産の釣鐘型の渋柿です。 干し柿用ですが渋抜き処理をして熟した果肉は、柔らかく甘みも格別で…

続きを読む

馬見丘陵公園 コキア (ホウキギ・ホウキソウ) ・ ダリア ・ ゴヨウアケビ(五葉木通・五葉通草)

低い雲が垂れ下がって、今にも雨粒が落ちてきそうな雰囲気です。 地元のニュースでコキアの様子を知って・・・友と短い時間で散策に。 コロナ禍ではこちらでも全てのイベントが、御多分に漏れず中止になっています。 生きの長いお花ジニアの多種類が健在です。 コキアの紅葉に合うのは今回が初めて。 こちらは少し色褪せています。 …

続きを読む

シロバナマンジュシャゲ(白花曼殊沙華) *ヒガンバナ(彼岸花 )*イチョウ(銀杏 )* イチョウのまな板

朝夕、随分過ごしやすくなりました。 庭にも秋の気配が・・・シロバナマンジュシャゲ (リコリス)(白花曼珠沙華)・  ゼフィランサス タマスダレが一気に開花しています。 シロバナマンジュシャゲ(リコリス)(白花曼珠沙華 ) ヒガンバナ科 ヒガンバナ属 一気にニョキニョキ 秋の彼岸の入り・・・ 季節は忘れないのですね。 裏の児童公園、用…

続きを読む

特別展 奈良博三昧 ~ 至高の仏教美術コレクション~  奈良国立博物館

9月10日(金) 朝、連れ合いを見送った後、奈良国立博物館へ。 昼食を奈良県庁で済ませて、「特別展 奈良博三昧」 至高の仏教美術コレクション会場へ。 奈良国立博物館前、当別展「奈良博三昧」 特別展「奈良博三昧―至高の仏教美術コレクション」会期中いつでも、 展示しているすべての作品や解説パネル、展示室内の風景などを撮影することができます。 ご…

続きを読む

小さな秋

9月6日(月) 日々の暮らしの中で時間の経過の早さに唖然としています。 リホーム後の整理整頓が落ち着き、ゆったり車椅子の通路が確保できました。 2階へ続くリフトにもスムーズに・・・ 2階のリフトから車椅子に移る場所を広くするため、 納戸のタンスを一竿断捨離決断・・・・粗大ごみの回収券を購入して役所に依頼。 衣類などなど4袋断捨離。 そのための時間を費やしてしま…

続きを読む

覚え書き キッチンリホーム ・ ノボタン(野牡丹) ・ ジュズサンゴ(数珠珊瑚)

8月13日(金) リホームが終了して普段の生活に戻りつつ、 新しいシステム収納に食器などの移動もほぼ終わりました。 覚え書きとして記して残しておこう思います。 2021年7月22日(木)・23日(金) 気温36℃ キッチン食器棚、システムキッチンの食器、調理機などの移動。 7月24日(土)旭化成リホーム工事担当者4名で解体。 キ…

続きを読む

藤原旧跡 キバナコスモス(黄花秋桜)

藤原旧跡約7,000平方メートルの敷地に11種類のハスの花、 隣接してキバナコスモス(黄花秋桜)が楽しめます。 キバナコスモス(黄花秋桜)が見頃をむかえていました。 大和三山  畝傍山  後方に葛城金剛山系 旧跡の広大な敷地の場所には、約25,000㎡、春には桜と250万本の菜の花、 秋になると約30,000平…

続きを読む

梅雨の庭 アゲハチョウ・ベニバナサワキキョウ(紅花沢桔梗)・ハツユキカヅラ(初雪葛)クサハナビ(草花火)

7月10日(土) 何故だか日々の雑用に追われ、パソコンを開く時間が少なくなり、 必要不可欠のみの連絡事柄に費やしてしまいます。 旭化成工事関係者との詳細日程説明を受け、少しづづリホーム準備モードに。 7月の不燃物収集に間に合うように、断捨離食器類や鍋の選定などなど。 大皿や大鉢系統、何種類かの土鍋もこの際処分し、必要最低限までに絞ってみました。 まだ迷い箱に残さ…

続きを読む

歯応え抜群が変わらないカリカリ自家製きゅうりのきゅうちゃん漬け

6月27日(日) キッチン、リビングリホームの工事日(1ヶ月先)が決まり、断捨離の準備に取り掛かりました。 住まいする地域の粗大ごみは、1件に300円のシールを購入・・・ 予約を入れて収集していただきます。 まず2枚の券を購入、ファクス台と小物入れを断捨離。 連れ合いの介護をしながら・・・少しづづ少しづつ・・・範囲を狭めながら …

続きを読む

コロナワクチン2回目接種終了

6月18日(土) 梅雨の中休みからしとしと雨の梅雨空に逆戻り。 少し肌寒さを感じる気温になっています。 コロナワクチンの2度目の接種が終わって1週間経過。 1回目と同じように午後、タクシーで会場へ。 今回の事前問診は少し時間をかけて丁寧な聞き取りでした。 接種は前回は左手、今回は右手上部。 接種当日特に問題なく、少々腕の傷みのみでした。 接種2日目、2回目…

続きを読む

幻想的な蛍の乱舞

6月9日(木) 梅雨の中休みのからりとした晴天。 福栄寺の住職さまより送付いただいた蛍の乱舞を感激しながら 明日香村稲渕での蛍観賞を想い出しながら・・・・ 澄んだ空気、豊かな緑、そして美しい水・・・。 こんな条件が揃ってこそ見ることのできる蛍は、 恵まれた自然にのみに与えられた魅惑場所の夏景色ですね。  …

続きを読む

初蛍 雀の親子の絆

5月31日 (月) 福栄寺住職さまより初蛍の便りをいただきました。 今年も蛍の季節がやってきました。 行きたいところ、見てみたいところ色々有るんですけど腰が重くなりました。例年の近くは取りあえず走りました。撮り初めに一枚ですがご笑覧下さい。今年は良いのが撮れるかな? 2021.05.29 20時半頃 撮影 コロナ、コロナと騒いでいるうちに大切…

続きを読む

コロナワクチン1回目接種 * ヒべリカム ゴールドフォーム * ルリヤナギ(瑠璃柳)*ブーケ咲紫陽花「佳澄」

5月22日(土)町の新型コロナウイルスワクチン接種推進班より案内があった時刻 14:30 タクシーを少し早めに予約をして会場へ。 連れ合いの同行で体験済みなので・・・不安は無し。 梅雨の僅かな晴れ間の庭 ヒベリカムゴールドフォームが開花し始めました。 ヒベリカムゴールドフォーム オトギリソウ科・オトギリソウ属 刈り込んだコーナーは今…

続きを読む

梅雨入りの庭 バイカウツギ ベルエトワール * シロハナホタルブクロ * アジサイ3種 * 八重咲きゼラニウム 「アップルブロッサム」

5月19日(水) 気象庁は「近畿地方は梅雨入りしたと見られます」と発表。 近畿地方では、平年より21日早く、昨年より25日早い梅雨入りで、 1951年の統計開始以来最も早いそうです。 梅雨入りした庭に例年より少し早めの開花 バイカウツギベルエトワール 小さな小さな いのちです。  クロウリハムシ 花の蜜かなあ・・・ ヒメマ…

続きを読む

愈々 第1回目のコロナワクチン接種(連れ合い)に同行 

5月11日(火) 町役場新型コロナウイルスワクチン接種推進班より届いた接種券を持参して 14:40予約していたタクシーにて連れ合いのワクチン接種に同行。 会場は中央体育館・・・  集団接種会場(中央体育館)  広報より引用   2回のワクチン接種推進班の集団接種に向けたシミュレーションを中央体育館で実施しました。 …

続きを読む

松柏美術館 上村淳之米寿記念 上村松園・松篁・敦之三代展 ~日本画の行方~

久しぶりの松柏美術館です。 駐車場の藤棚はすでに満開を過ぎ藤の花が・・・ 美術館入口・・・旧佐伯邸の庭 美術館前の大渕池 美術館への通路(旧佐伯邸) 「旧佐伯邸」敷地内に美術館・・・ 近畿日本鉄道の社長を20年以上に渡って務め(後に名誉会長)。 近鉄を日本一営業キロは501.1キロの私鉄へと押し上げ、晩年を過ごした邸宅。 …

続きを読む

タニウツギ(谷空木)* ベニウツギ(紅空木)* ヒトツバタゴ(一つ葉田子)ナンジャモンジャの花

報恩講法要が中止になり、友とナンジャモンジャの花を愛でに。 馬見丘陵公園・・・公園館から結の広場へ。 新緑の間から薄ピンクの タニウツギ タニウツギ(谷空木) ベニウツギ(紅空木) {タウエバナ(田植花) サオトメウツギ(早乙女空木)} スイカズラ科 タニウツギ属 日本の固有種。 ベニウツギ(紅空木) 花色を濃くしたタニウツギの園芸種…

続きを読む

バビアナ・ストリクタ(ホソザキアヤメ)* トリトニア * 奈良県緊急対処措置

新型コロナ“第4波”  奈良県も感染者が急増しています。 感染拡大防止のため、「奈良県緊急対処措置」の方針のもと お寺の大切な行事 5月1日2日の報恩講法要も急遽中止になり、 連絡網を活用して中止の案内をお知らせしています。    友が自宅の庭で育てたバラの花をくださった。 庭の 安曇野クレマチス…

続きを読む

世界遺産 仁和寺(旧小室御所)遅咲きの御室桜 * ミツバツツジ(三葉躑躅) 

4月2日(金) 花曇り 仁和寺の玄関、正門「二王門」(重要文化財) 仁和寺の二王門は、知恩院の三門、南禅寺の三門・・・京の三大門と呼ばれています。 二王門をくぐると一気に広大な境内が目に入ります。 正面中門(重文)、遠くに衣笠山。 観桜・御殿拝観券(800円)購入。 二王門直ぐ左、御殿拝観へ。 御殿大玄関前、手入れの行き届い…

続きを読む

和紅茶 紅々葉(くくは)「城陽」

2月15日(月) ここ2.3日暖かい日が続きます。 友から珍しい京都の和紅茶をいただいた。 聞いてはいたのですが、手に取るのは初めて・・・いただくのも初めて。 京都府城陽市で生産されている 和紅茶 紅々葉(くくは) 最近 発売された 和紅茶 紅々葉(くくは)城陽  早速試飲をさせていただきましょう。 添付していただ…

続きを読む

干し大根でハリハリ漬け

2月6日(月) ひたすら買い物以外外出することなくステイホームの日々を過ごしています。 浄照寺初法座に続いて2月のご法座「今日の人権問題を考える」が開催されました。 13:30 勤行 らいはいのうた 14:00 ご法話 Δ コロナウイルス感染症と差別問題 「龍田寮事件」(黒髪校事件) 昭和29年に龍田寮児童通学拒否事件が起こりました。(親がハンセン病者で、…

続きを読む

お内仏報恩講 * コロナを身近に感じる時

12月5日(土) ここ何年か「ひまわり」の例会と重なりご縁に遇えなかったお内仏報恩講、 今年3月末で「ひまわり」の退会を機に参拝できました。 お内仏でのお勤めの後、お聴聞の準備が整いる本堂。 座席との空間をが大きく設置されています。 寺院の家族用の仏壇は本堂の仏様と区別する意味もあって 御内仏と呼ばれますが、各家庭の仏壇も御内仏です。…

続きを読む

国営飛鳥歴史公園 史跡中尾山古墳発掘現地説明会参加

11月29日(土) 中尾山古墳は国営飛鳥歴史公園 高松塚周辺地区内に位置し、 世界遺産候補「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」の 構成資産でり、明日香村教育委員会による発掘調査が行われています。  今回の調査では、8世紀初めに築かれた同古墳が3段築成の八角形墳であることや、 周囲を3重の石敷きが巡っていたことまた、被葬者の遺骨を納めた石室に…

続きを読む

フユザクラ(冬桜)* 門信徒のつどい

11月15日(日) 浄照寺境内の銀杏、黄葉が一点の雲もないラピス色の空に映えます。 11月の行事「門信徒のつどい」は、コロナウイルの影響で、 例年のようになお斎は中止になり、午後からの行事に短縮されました。 13:00  音楽礼拝。 13:30 仏事の話  住職 「これだけは押さえておきたい 浄土真宗の作法と荘厳」 14:00  ご法話…

続きを読む

秋の色が深まりました * スプレーギクの開花 * ドウダンツツジの紅葉

11月7日(土) 連れ合いが自宅に戻って1週間が経過。 生活様式の変化にも、徐々に戸惑いが少なくなりました。 放置された庭の赤色スプレーギク が、気付かないうちに開花を迎える季節になっていました。 入院中自宅では、電動ベットに交換、訪問看護、リハビリ等などの手続き・・・ 術前後1週間の絶食と安静、1ヶ月の入院生活は筋肉の老化…

続きを読む

待望の一房 ホヤ・カルノーサ (サクララン 桜欄)の開花 * 雨宿りのトンボ

10月10日(土) 以前から 花曜日のろこさんが育てておられる ホヤ(サクララン)拝見した時は、こんなに可愛いくて不思議なお花があるんだ・・・と なんて表現していいのか、とても印象深く残りました。 ・・・・育ててみたいと思うようになって、 近くの花屋さんでは見かけることがないので、ネットで検索。 小さな苗がペットボトルに入れられ、送られ…

続きを読む

山野草  ホトトギス(杜鵑)* シロバナホトトギス(白花杜鵑)

10月6日(火) 最低気温一気に15℃を割り込みました。 少し暖かめな寝具に変更 ・・・ つい10日位前までは、エアコンが必要だったのに・・・ 庭の片隅でシュウメイギク(秋明菊)が咲き誇っています。 暑さで弱っていたヒべり カムゴールドフォーム 根元から刈込ました。 徐々に新芽が復活しつつあることを確認。 ハナミズキの木陰で待機する 山野…

続きを読む

”赤腹”ちりめんじゃこ(梅じゃこご飯 *ネギじゃこ*お稲荷さん )(生姜ピール)

年間何度か高知から薄塩で天日干しのちりめんじゃこを オンラインショッピングで利用しています。。 今回は期間限定、”赤腹おじゃこ” が手元に届きました。 赤腹の正体は、海老や蟹など甲殻類のプランクトンによるもの。これらが豊富な漁場で育ったしらすは、たっぷり食べて栄養を蓄える内にお腹が赤くなります。この赤腹が味の決め手で、旨み成分の元。通常のちりめんじゃこに比べて甘みと…

続きを読む

2021年12月 >>
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去ログ

テーマ別記事

プロフィール

ニックネーム:
やろい
性別:
ばあば
出身地:
奈良県
居住地:
奈良県
趣味:
季節の花を愛でること
一言:ニックネーム「やろい」はユラユラ揺れる「やじろべい」から3字いただいたものです。



seesaa_profile_icon



読者メッセージを送る

QRコード