五十鈴川の紅葉 ・ 伊勢神宮内宮

11月25日(木) 短い時間でしたが、伊勢内宮五十鈴川紅葉散策の時間に恵まれました。 宇治橋から眺めた河原にたった1本咲き誇る桜 シキザクラ(四季桜) マメザクラとエドヒガンの種間雑種 秋と春の二季に咲くので ニキザクラ(二季桜)とも。 四季桜は秋がメインなので紅葉とのコラボが素敵です。 手入れの行き届い…

続きを読む

コウテイダリア  馬見丘陵公園の紅葉 

11月29日(金) 友の新車に便乗させてもらった3婆たち、細やかなランチの後、 散策におあつらえ向きの小春日和に恵まれました。 首が怠くなるほど見上げないと・・・ コウテイダリア(皇帝ダリア)日本では学名を訳 キク科 ダリア属 コダチダリア(木立ダリア)キダチダリアと呼ばれることも 高さ8-10メートルになるダリア…

続きを読む

江戸柿で干し柿を作る

11月3日(水) 友から吊るし柿にと大きな江戸柿(渋)をいただいた。 例年のことですが・・・昨年は何故だか実が生らなかったそうでパス。 皮を剝いて熱湯にくぐらせました。 大きな鍋に大きな江戸柿はたった3個しか入りません。 江戸柿は、奈良県特産の釣鐘型の渋柿です。 干し柿用ですが渋抜き処理をして熟した果肉は、柔らかく甘みも格別で…

続きを読む

マユハケオモト(眉刷毛万年青)(ハエマンサス) * マコモダケ(真菰筍)

夏場庭の手水鉢で休眠するマユハケオモト(眉刷毛万年青) 蕾の現われるのを今か?今かと・・・ ええええ!!!いつの間にか3輪がニョキニョキ。 マユハケオモト(眉刷毛万年青)(ハエマンサス) ヒガンバナ科・ハエマンサス属 花茎頂に葱坊主を思わせる花をつけます。 葯は、黄色。白い花糸が伸びると丸い刷毛のイメージに近づきます。 花の中を覗いてみると、ぎ…

続きを読む

なばなの里 花ひろば (コスモス・ダリア)・オオオニバス(大鬼蓮)

なばなの里ベコニアガーデン、「見返りの花」から眺めた美しさの余韻を残しながら退出。 残り時間で、花の広場散策へ向かいます。 散策道に目の覚めるようなグリーンと真紅の2色のコリウスが出迎えてくれました。 広大なお花の花壇、約43,000㎡の「花ひろば」に150万本のコスモス、 約200種8,000株のダリアが咲く、この季節ならではのイベントと案内されています…

続きを読む

なばなの里 ベコニアガーデン 見返りの花

近鉄八木から特急 1時間30分 近鉄桑名  桑名からなばなの里 直通バスにて。 なばなの里   ベコニアガーデンへの散策道 散策道一面に夏咲きのお花がまだまだ健在でした。 白い可憐な ユーホルビア グラマー トウダイグサ科 一面に咲き誇るさまは感嘆詞の連続です。 ベコニアガーデン前の水連池 「睡蓮」は、夕方になると眠る(睡る)よう…

続きを読む

馬見丘陵公園 コキア (ホウキギ・ホウキソウ) ・ ダリア ・ ゴヨウアケビ(五葉木通・五葉通草)

低い雲が垂れ下がって、今にも雨粒が落ちてきそうな雰囲気です。 地元のニュースでコキアの様子を知って・・・友と短い時間で散策に。 コロナ禍ではこちらでも全てのイベントが、御多分に漏れず中止になっています。 生きの長いお花ジニアの多種類が健在です。 コキアの紅葉に合うのは今回が初めて。 こちらは少し色褪せています。 …

続きを読む

シロクジャク(白孔雀)ルリマツリ(瑠璃茉莉)シュウメイギク(秋明菊)

9月29日(水) 雨の後、ほんの少し秋が深まった気配を感じます。 朝夕の風が心地よくなりました。 小さな庭の手入れも少しづづやり辛く感じるようになりました。 そんなこんなで中庭を残して、全ての樹や庭石など撤去して 手入れのしなくても好い庭に切り替えようと、 この庭を造ってくださった造園屋さんにリホームをお願いしました。 少しづつ、少しづつ…

続きを読む

シロバナマンジュシャゲ(白花曼殊沙華) *ヒガンバナ(彼岸花 )*イチョウ(銀杏 )* イチョウのまな板

朝夕、随分過ごしやすくなりました。 庭にも秋の気配が・・・シロバナマンジュシャゲ (リコリス)(白花曼珠沙華)・  ゼフィランサス タマスダレが一気に開花しています。 シロバナマンジュシャゲ(リコリス)(白花曼珠沙華 ) ヒガンバナ科 ヒガンバナ属 一気にニョキニョキ 秋の彼岸の入り・・・ 季節は忘れないのですね。 裏の児童公園、用…

続きを読む

月下美人 * 珍しい里芋の花

9月11日(土) 今年もまた福栄寺住職さまから神秘的な美しい花姿を持つ 月下美人の写真を送付いただきました。 9月に入り少し朝が涼しくなってきました。コロナは相変わらずですが皆様いかがお過ごしでしょうか? だいたいはワクチン済んでいる方が多いと思いますが、(私のお連れですから年齢的に順番が早い片が多いので)  今年初めて月下美人が咲きました。お送りします。…

続きを読む

小さな秋

9月6日(月) 日々の暮らしの中で時間の経過の早さに唖然としています。 リホーム後の整理整頓が落ち着き、ゆったり車椅子の通路が確保できました。 2階へ続くリフトにもスムーズに・・・ 2階のリフトから車椅子に移る場所を広くするため、 納戸のタンスを一竿断捨離決断・・・・粗大ごみの回収券を購入して役所に依頼。 衣類などなど4袋断捨離。 そのための時間を費やしてしま…

続きを読む

藤原旧跡 キバナコスモス(黄花秋桜)

藤原旧跡約7,000平方メートルの敷地に11種類のハスの花、 隣接してキバナコスモス(黄花秋桜)が楽しめます。 キバナコスモス(黄花秋桜)が見頃をむかえていました。 大和三山  畝傍山  後方に葛城金剛山系 旧跡の広大な敷地の場所には、約25,000㎡、春には桜と250万本の菜の花、 秋になると約30,000平…

続きを読む

藤原京跡の蓮花

7月17日(土) 梅雨明けも間近といわれている朝、昨夜まで降り続いていた雨が止み、 分厚い雲が次々足早に過ぎ去って蒸し暑さが増しています。 少しの時間をやり繰りして藤原宮跡の蓮見を楽しませていただきました。 低い雲が走る藤原旧跡 約1300年前に中国の都城を参考して造営された日本で初めての本格的な都です。 藤原…

続きを読む

梅雨の庭 アゲハチョウ・ベニバナサワキキョウ(紅花沢桔梗)・ハツユキカヅラ(初雪葛)クサハナビ(草花火)

7月10日(土) 何故だか日々の雑用に追われ、パソコンを開く時間が少なくなり、 必要不可欠のみの連絡事柄に費やしてしまいます。 旭化成工事関係者との詳細日程説明を受け、少しづづリホーム準備モードに。 7月の不燃物収集に間に合うように、断捨離食器類や鍋の選定などなど。 大皿や大鉢系統、何種類かの土鍋もこの際処分し、必要最低限までに絞ってみました。 まだ迷い箱に残さ…

続きを読む

歯応え抜群が変わらないカリカリ自家製きゅうりのきゅうちゃん漬け

6月27日(日) キッチン、リビングリホームの工事日(1ヶ月先)が決まり、断捨離の準備に取り掛かりました。 住まいする地域の粗大ごみは、1件に300円のシールを購入・・・ 予約を入れて収集していただきます。 まず2枚の券を購入、ファクス台と小物入れを断捨離。 連れ合いの介護をしながら・・・少しづづ少しづつ・・・範囲を狭めながら …

続きを読む

コロナワクチン2回目接種終了

6月18日(土) 梅雨の中休みからしとしと雨の梅雨空に逆戻り。 少し肌寒さを感じる気温になっています。 コロナワクチンの2度目の接種が終わって1週間経過。 1回目と同じように午後、タクシーで会場へ。 今回の事前問診は少し時間をかけて丁寧な聞き取りでした。 接種は前回は左手、今回は右手上部。 接種当日特に問題なく、少々腕の傷みのみでした。 接種2日目、2回目…

続きを読む

初蛍 雀の親子の絆

5月31日 (月) 福栄寺住職さまより初蛍の便りをいただきました。 今年も蛍の季節がやってきました。 行きたいところ、見てみたいところ色々有るんですけど腰が重くなりました。例年の近くは取りあえず走りました。撮り初めに一枚ですがご笑覧下さい。今年は良いのが撮れるかな? 2021.05.29 20時半頃 撮影 コロナ、コロナと騒いでいるうちに大切…

続きを読む

コロナワクチン1回目接種 * ヒべリカム ゴールドフォーム * ルリヤナギ(瑠璃柳)*ブーケ咲紫陽花「佳澄」

5月22日(土)町の新型コロナウイルスワクチン接種推進班より案内があった時刻 14:30 タクシーを少し早めに予約をして会場へ。 連れ合いの同行で体験済みなので・・・不安は無し。 梅雨の僅かな晴れ間の庭 ヒベリカムゴールドフォームが開花し始めました。 ヒベリカムゴールドフォーム オトギリソウ科・オトギリソウ属 刈り込んだコーナーは今…

続きを読む

梅雨入りの庭 バイカウツギ ベルエトワール * シロハナホタルブクロ * アジサイ3種 * 八重咲きゼラニウム 「アップルブロッサム」

5月19日(水) 気象庁は「近畿地方は梅雨入りしたと見られます」と発表。 近畿地方では、平年より21日早く、昨年より25日早い梅雨入りで、 1951年の統計開始以来最も早いそうです。 梅雨入りした庭に例年より少し早めの開花 バイカウツギベルエトワール 小さな小さな いのちです。  クロウリハムシ 花の蜜かなあ・・・ ヒメマ…

続きを読む

松柏美術館 上村淳之米寿記念 上村松園・松篁・敦之三代展 ~日本画の行方~

久しぶりの松柏美術館です。 駐車場の藤棚はすでに満開を過ぎ藤の花が・・・ 美術館入口・・・旧佐伯邸の庭 美術館前の大渕池 美術館への通路(旧佐伯邸) 「旧佐伯邸」敷地内に美術館・・・ 近畿日本鉄道の社長を20年以上に渡って務め(後に名誉会長)。 近鉄を日本一営業キロは501.1キロの私鉄へと押し上げ、晩年を過ごした邸宅。 …

続きを読む

タニウツギ(谷空木)* ベニウツギ(紅空木)* ヒトツバタゴ(一つ葉田子)ナンジャモンジャの花

報恩講法要が中止になり、友とナンジャモンジャの花を愛でに。 馬見丘陵公園・・・公園館から結の広場へ。 新緑の間から薄ピンクの タニウツギ タニウツギ(谷空木) ベニウツギ(紅空木) {タウエバナ(田植花) サオトメウツギ(早乙女空木)} スイカズラ科 タニウツギ属 日本の固有種。 ベニウツギ(紅空木) 花色を濃くしたタニウツギの園芸種…

続きを読む

バビアナ・ストリクタ(ホソザキアヤメ)* トリトニア * 奈良県緊急対処措置

新型コロナ“第4波”  奈良県も感染者が急増しています。 感染拡大防止のため、「奈良県緊急対処措置」の方針のもと お寺の大切な行事 5月1日2日の報恩講法要も急遽中止になり、 連絡網を活用して中止の案内をお知らせしています。    友が自宅の庭で育てたバラの花をくださった。 庭の 安曇野クレマチス…

続きを読む

新家長福寺ボタン(牡丹)* ギョイコウ(御衣黄)桜 *ウコン(鬱金)桜 *(ベニカナメモチ(紅要黐 )

新家長福寺 八重桜と牡丹の花 門前の鮮やかな新芽の紅葉、薄ピンクの八重桜、そして紫の藤の花 ベニカナメモチ(紅要黐 )バラ科 カナメモチ属  新芽の紅葉は、アントシアニン成分で葉が赤くなります。 生垣や街路樹、公園樹として植えられます。 新家 長福寺 山門と太鼓楼 山門掲示板のことば 死に支度  いたせいたせと         桜…

続きを読む

ヤエコデマリ(八重小手毬)*ドイツスズラン(独逸鈴蘭)* ホウチャクソウ(宝鐸草) * 

小さな庭にも春真っ盛り 玄関前にお気に入りで大きくし、移植したヤエコデマリ(八重小手毬) ヤエコデマリ(八重小手毬)八重咲小手毬 バラ科シモツケ属 花の時期が長いので楽しめます。 長い間、トケイソウ(パッシフローラ・コンスタンスエリオット)の 咲いてくれた場所だったのですが、あっけなく枯れてしまった後に 挿し木で移植したモッコイウバラ3…

続きを読む

明日香村 国営飛鳥歴史公園 石舞台古墳桜ライトアップ * 初参式(はつまいり)灌仏会(花まつり法座)

福栄寺住職さまから送付くださった世界遺産明日香石舞台古墳 夜桜のライトアップの風景です。   「4月2日19時頃です。試し撮りのつもり、今夜雨が降らなければ再挑戦する予定。 でも阪神勝ってたら野球みたいなとも思う・・・・・・。」 蘇我馬子のお墓ともいわれる幻想的な石舞台古墳  「ライトアップを再挑戦した4月3日7時半頃現地到着入…

続きを読む

世界遺産 仁和寺(旧小室御所)遅咲きの御室桜 * ミツバツツジ(三葉躑躅) 

4月2日(金) 花曇り 仁和寺の玄関、正門「二王門」(重要文化財) 仁和寺の二王門は、知恩院の三門、南禅寺の三門・・・京の三大門と呼ばれています。 二王門をくぐると一気に広大な境内が目に入ります。 正面中門(重文)、遠くに衣笠山。 観桜・御殿拝観券(800円)購入。 二王門直ぐ左、御殿拝観へ。 御殿大玄関前、手入れの行き届い…

続きを読む

京都迎賓館参観

迎賓館西門から係りの方の誘導で地下受付スペースに移動。 セキュリティチェック(空港のような)を受け、入館券購入(2,000円)  荷物預入(25cm以上の手荷物) 注意事項説明、概要紹介、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、  自由拝観は中止され、少人数ガイドツアーで、 私たちは8人グループになりガイドさんが2人の体制で参観となりました。 京都迎賓館は、日本の歴史、文…

続きを読む

京都御苑の桜 近衛邸跡糸桜 * 里桜 * 霞桜 * 山桜 等々

3月26日(金) 昨日の雨から今朝から晴天に恵まれお出かけ日和に。 京都駅から京都御苑中立売御門までタクシー移動。 蕾が膨らんだ 車 還 桜 後水尾天皇がその美しさに御車を引き返させたといわれる サトザクラの一品種 御所御車返 車還桜 とよんでいます。 御苑散策に心地よい風と青空。 満開の ソメイヨシノ …

続きを読む

奈良三名椿の一つ「糊こぼしの椿」 西洋椿ミリンダ *ニワウメ(庭梅)

3月21日(日) 東大寺二月堂修二会(お水取り)の堂内に、練行衆が作った「椿」の造花が飾られます。 原木椿は、東大寺・開山堂の庭に咲く、赤い花に白い斑点が入る 「糊こぼし」と呼ばれるものを模しています。 開山の良弁僧正を祀るため、別名「良弁椿」とも呼ばれ、 白亳寺の「五色椿」、伝香寺の「散り椿」とともに「奈良三銘椿」の一つに数えられています。 その…

続きを読む

群三重県津市美杉 ミツマタ(三又) の群生地 * 庭の タンチョウソウ(丹頂草)

福栄寺住職さまから送付くださったミツマタ(三又)、三重県津市美杉の群生地。 三つ叉の花かなり早かったみたいですが、人も無くゆっくり過ごせました。シーズン入ると車では入れないそうなので反って良かったかな? 花は3分咲きぐらいかな、後10日ぐらいで黄色がかなり出てくるのではと思います。群生地は三重県津市美杉 で初めて知りました。60年ほど前に杉林に植え込み育ててきたようです。一面杉木立の中で白…

続きを読む

2021年12月 >>
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去ログ

テーマ別記事

プロフィール

ニックネーム:
やろい
性別:
ばあば
出身地:
奈良県
居住地:
奈良県
趣味:
季節の花を愛でること
一言:ニックネーム「やろい」はユラユラ揺れる「やじろべい」から3字いただいたものです。



seesaa_profile_icon



読者メッセージを送る

QRコード