1つの区切り * 奈良県護国神社椿まつり

3月21日(土) 護国神社椿まつり 近鉄奈良駅からバスで10分余り、高円山麓、奈良護国神社。 参道の両側の樹林には、多くの種類の椿の樹が植えられています。 二の鳥居 正面の拝殿 手水舎 正面拝殿 第二次世界大戦までの戦争で亡くなられた奈良県出身の 3万柱に及ぶ戦没者を祀るための神社として設けられています。…

続きを読む

東大寺二月堂参道のヤマザクラ(山桜)*二月堂開山堂ノリコボシツバキ(糊零椿)

3月21日(土) 以前からの約束で、何時ものメンバーで奈良護国神社の椿まつりへ。 帰路のバス、二月堂のノリコボシツバキ(糊零し椿)を観よう…と 大仏前で急遽途中降車。 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、外出を控えるよう・・・   やはり人は少ないですね。 鹿さんも実にのんびり。 奈良公園を対角線に近道 ・・・ ツバキ(椿)大きな傘に仕立て…

続きを読む

ニワウメ(庭梅)* ムスカリ * シラユキゲシ(白雪芥子) * タンチョウソウ(丹頂草)*ヒュウガミズキ(日向水木)* ニラバナ(韮花)*

3月21日(土) 裏庭から移植したニワウメの満開が近づいています。 ニワウメ(庭梅) 別名 リンショウバイ バラ科 ニワザクラ属 学名の micro(小さい)+ cerasus(さくら)の語源がぴったりのようです。 小さい桜 ・・・ 好いですね。 花が終わると小さな赤い実が生るのです。 酸っぱいのです …

続きを読む

極小椿 ロゼフローラ * セイヨウミザクラ(西洋実桜)

お隣さんの庭に、昨年は虫さんの食べ物になった  極小椿「ロゼフローラ」が今年は咲き始めました。 萼を残して落花した紅いツバキの近くに置いて比べてみました。 小さいですね。  ロゼフローラ  別名  ロシフロラ、カメリア・ロサエフロラ  中国名を 短柄紅山茶 ・ 玖瑰連芯茶   ツバキ科 ツバキ属 中国南東部原産で1800年代にイギリスに…

続きを読む

春の香 土筆の卵とじ * 病棟リビング ひな祭り 「喫茶去」

屋外の軒下で冬越し出来たカランコエが開花し始めています。 長年屋外では冬越しが出来なく、今回が初めてなので驚いています。 言い換えれば暖冬だったのですね。 カランコエ  ベンケイソウ科 オキザリス パーシーカラー 最後の輝きのように感じます。 オキザリスモモノカガヤキ はすでに咲き終わっています。 タンチョウソウ(丹頂草)…

続きを読む

サンシュユ(山茱萸)* マンサク(満作)* ヒガンザクラ(彼岸桜)* カワヅサクラ(河津桜)

3月3日(火) 心地よい陽気に恵まれ、何時ものメンバー4婆で、 馬見丘陵公園、桜のお花見散策へお出かけ。 公園北エリアに咲く ・・・ マンサク(満作)マンサク科 マンサク属 少し地味なので他の婆たちが通り過ぎてしまいました。  隣接して植えられているシナマンサクは、 前年の茶色い枯葉を残しながら、 蕾を沢山蓄えて開花を待って…

続きを読む

大和な雛まつり「紺屋」箱本館 吊るし雛 * 城下町界隈

大和な雛まつり、中心市街地の「町家物語館」を後に、 すぐ近くに「源九郎稲のしだれ梅が満開です」…と案内されていたので・・・。      歌舞伎・文楽の「義経千本桜」に登場する「源九郎狐」を祀る神社。 源義経が吉野山を経て奥州平泉へと逃れる際、家臣の佐藤忠信が実は化けた白狐だったことを知り、 別れの折に自分の名である「源九郎」を白狐に与えたと伝わり、その…

続きを読む

大和な雛まつり * 町家物語館(遊廓建築 旧川本楼)

2月23日(日) 穏やかな日和です。 昨年も行く機会を逃してしまったので、穏やかな日和を理由に、 城下町郡山、大和な雛まつり散策に。 大和郡山駅から徒歩6~7分、登録有形文化財 旧川本家住宅 町家物語館。 町家物語館 川本家住宅の近隣 ・・・ 木造三階建の遊廓建築が残ています。 洞泉寺町、遊廓として一世を風靡し、昭和33年に廃業した地域です。 独特の格子の…

続きを読む

チェイランサス * クリスマスローズ * 法友との別れ通夜法話

2月19日(水)  妹の連れ合いが、杉の木を焼いて作ってくれた植木鉢に トコナツナデシコ フォーエバー  ナデシコ科 ナデシコ属 トコナツ(四季咲き)撫子と、 クラッスラクーベリー が寄せ合って植わっています。  トコナツナデシコ フォーエバー  冬季は不思議な咲き方をします。 花丈を低くして全て一輪咲きなのです。 温かかくなると…

続きを読む

遺品整理でいただいた書のお軸

2月13日(木) 午後から浄照寺サロン日、庫裏玄関前の古木梅の花がほころび始めています。 例年より少し花が少ないかなあ ・・・ 工事用の覆いが光や風を遮っているようです。 庫裏が完成する初夏には大粒の梅が収穫できることでしょう。 ほのかな甘い香りが漂っていましたよ。 ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

続きを読む

手作り千切り大根 * 開花したオキザリス・パーシーカラー( オキザリス・ベルシコロル)

2月6日(木) 過ごしやすかった暖冬と呼ばれた立春。 一変して日中の気温は6℃ ・・・ 大寒時期の気温と同じようになりました。 寒風の中庭、風よけになっている陽だまりで、オキザリス・パーシーカラーが開花しています。 オキザリス・パーシ―カラー ( オキザリス・ベルシコロル) オキザリス・モモノカガヤキ …

続きを読む

秋篠寺 雨上りの苔むした金堂跡

1月29日(水) 西大寺で14:30の約束の時刻までの時間を利用して、 駅からバスで4・5分の秋篠の里に佇む秋篠寺へ。 今から1250年前、光仁天皇の勅願によって建立され、開山は善珠僧正と伝えられています。 平城京西北の外れ「秋篠」の地に建てられたためこう呼ばれています。 秋篠寺東門。 東門から砂利の参…

続きを読む

暖冬、1ヶ月早い春の味 若牛蒡(葉牛蒡)

1月24日(金) 昨今、よく耳にする平年の平均気温を上回る暖冬が続いているというニュースや気象情報。 暖冬傾向はこの先も続く見込みだそうです。 暖かい日が続く中、農家の皆さんからは戸惑いの声が上がっています。  畑のあちこちに、廃棄処分になるダイコンが山積みにされている映像。 処分するダイコン量が、例年の7倍以上とか。{%ダイコン…

続きを読む

ツワブキ(津和蕗)果実冠毛 * 干し大根 * たわいもない話

1月22日(水) 整形外科受診した当日、処方された薬のお陰で痛みが治まって驚きました。 朝夕1回、薬の効き目は約12時間 ・・・ 決められたように傷みが戻ってきましたよ。 治療薬と、再度痛み止めを飲んで、凌いでいます。 受診より6日目、最初に味わった効き目は何故だか同じように感じることができません。 やはり鈍痛が残るようになりました…気のせいかなあ!! …

続きを読む

オキザリス パーシーカラー * オキザリス モモノカガヤキ(桃の輝き)* シシガシラ(獅子頭)

1月16日(木) 先週から左腰あたりが違和感から疼痛になり、動作始めに痛みが走るようになり、9日、整形外科を受診、X線では骨に異常なし(加齢なりの) ・・・ 若い女医さん、「筋肉痛でしょうね!」 何の処方も無し ・・・ 私もシップの要求さえもできませんでした。 一向に治まる様子もなく、我慢、我慢 ・・・ していたのですが、2・3日前から肩から肩甲骨にかけて激痛が走…

続きを読む

朝焼け薄明光線(光芒) * お鏡開き 

1月7日(火) 寝室の西窓を開けるとお隣さんの白壁に映し出された朝焼け。 ベランダに出てみると、空一面に旭日模様の光芒薄明光線。  慌ててカメラを階下へ取りに戻る。 はっきりしていた旭日模様が少しぼやけてしまいました。 ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 1月6日…

続きを読む

除夜会 ・ 元旦会・ロウバイ(蝋梅)

2019年12月31日(火) 23:30 今年はほんの少し早く除夜会、元旦会の参詣に。 23:45 徐夜会が始まります。 除夜会のためのライトアップがされた鐘楼、とても厳粛な雰囲気に感じます。 梵鐘も普段と全く違った雰囲気に感じます。 鐘楼には住職さまがお待ちです。 本堂では元旦会の準備が整っています。 お正月の…

続きを読む

国史跡唐古・鍵跡 唐古池のマガモ・年賀状

12月25日(水) 抜けるような青空と在暖かさにつられて行ってしまいました・・・ 「大和まな」を求めに近場の道の駅 レスティ 唐古・鍵へ。 国史跡 唐古・鍵跡 2200年前に建っていた大型建造物の跡。 柱は欅材が使用され、一番太い柱は、直径83cmもあったとされています 水路跡 昨年修…

続きを読む

「うふふ・・・」の動画 * ハボタン(葉牡丹) * センリョウ(千両)

今年も残すところ10日余り、普段とは変わらないのですが、辺りが何となくせかせかと・・・ 友が「うふふ・・・・」な動画をラインで送付してくださって、苦笑いしながら・・・・ 何度も「うふふ・・・・」 598337897.903444.mp4 「うふふふふ・・・・・・・・・・・」 ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… {%サ…

続きを読む

手洗い研修会・ クリスマスツリー飾り付け・コンサート ・ むかごご飯

ひまわりの定例会の後、手洗いの研修会。 人が発病する要因の多くは、手に付着した病原微生物(細菌・ウイルス等)が物品に付着し、 そこからまた手を介して鼻や口、目から体内に入ることです。 手は見た目に汚れていなくても病原性微生物が付着している可能性があるため、石けんと流水を用いてきれいに洗い流す習慣をつけることが、感染対策の基本であり、 最も重要な手段です ・・・と。  手…

続きを読む

ラクウショウ (落羽松)紅葉* コブクサクラ(子福桜) 

ラクウショウの紅葉が進んで落葉が盛んです。 足元の枯れ葉の中からニョキニョキ ???  気根。 ラクヨウショウ(落羽松) ・ 和名はヌマスギ(沼杉) ヒノキ科(またはスギ科)ヌマスギ属 池を囲むように植えられています。 若芽の時期も好いですが、落葉の時期もまた趣があります。 ラクウショウ は、幹の周りに呼吸のための呼吸根(…

続きを読む

タイワンフウ(台湾楓)アメリカフウ(亜米利加楓)クヌギ林(椚林)晩秋の公園

馬見丘陵公園北緑道入口 珍しいハンギング葉牡丹の出迎えについ笑みが。 コナラの林を過ぎると、紅葉の径。 落葉が進む径には木漏れ日が・・・ マラソン大会が行われているようです。 カメラを向けて応援する家族かなあ。 落葉の進む紅葉の径 一面紅葉の落葉、散り紅葉の絨毯も風情があります。 お天…

続きを読む

奈良県庁屋上・興福寺((中金堂・五重塔・南円堂・北円堂)寺田 知世さん個展 

11月28日(木) 浄照寺了賢会館の壁画を描いてくださった、画家の寺田知世さんの個展へ法友たちと。 近鉄奈良駅から登り大路から、ほんの少し道草をして奈良県庁へ。 紅葉のピークは少し過ぎたようです。 誰でも利用できる、奈良公園を見晴らせる「奈良県庁食堂」 … エレベーターで6階へ 定食 550円也 … 質素なメニューも眺めでカバー。…

続きを読む

橿原神宮深田池辺、フユザクラ(冬桜)

 11月23日(土) 橿原神宮前駅を降りて正面に見える小高い山 畝傍山(199m)           大和三山の中で最も高い山で、周囲に古代の天皇や貴族の陵墓が多く、   橿原神宮神苑や神武天皇陵の森が広がります。    正面橿原神宮一の鳥居 南神門 手水舎 赤く染まった紅葉の向こうに深田池 深田池 池…

続きを読む

柚子ジャムと柚子ピール : 門信徒の集い

実家から新米、柿や蜜柑、野菜と柚子が届きました。 早速、柚子をピールとジャムに加工することに。 よく洗った柚子の蔕と傷んだ部分を取り除きました。 小さい柚子は4つ割りに、大きい柚子は6つ割りに。 種と果実を取り除いて2度茹でこぼしました。 60%のお砂糖を2度に分けて使って、煮含めます。 焦がさぬように … 後1歩のところで、電話 ・・・これが味のいのちとりに。 …

続きを読む

ローズライフ高の原見学 * 緩和テラスガーデン冬の花の準備。

11月7日(水)  友が今年もシクラメンの鉢を置いてくださった。 お正月過ぎまで毎年咲き続けます。 午後からお寺本堂前のプランターを、模様替えして冬バージョンになりました。 毎年2回の模様替えのお花を、法友が報謝くださいます。 法友有志が集まって、ビオラとナデシコの苗を移植して終了。 冬バージョンの…

続きを読む

音羽山 観音寺 「やまと尼寺精進日記」 E テレの舞台 … 胸突き八丁の山参道にたじたじ

11月5日(火) NHKEテレ「やまと尼寺精進日記」を拝見して 一度はご縁をいただきたかった 音羽山 観音寺 何度も候補に上がりながら、体力的な不安から実現できませんでした。 今回妹夫妻に誘われて、時間を気にせず上ることで、とうとうご縁に遇うことができました。 万葉のふるさと奈良県・桜井市。 急な山道を登ること40分の音羽山観音寺に、尼僧たち3人が…

続きを読む

土佐街道散策、ひまわり院外親睦会

 10月31日(木) 年に1度のひまわりの院外親睦会 … 壺阪山下車、土佐街道散策。 ボランティアの例会なので、保険の関係もあり、 何時でも清掃ができるような体制で、ごみ袋を準備してくださっています。 高取城跡や壷阪寺への最寄り駅なので、数組の方たちが下車されました。 石畳の土佐街道(市電の敷石再利用)なだらかな坂道が続…

続きを読む

外壁工事 * カメラ試し撮り四苦八苦 * ジュズサンゴ(数珠珊瑚) * ツワブキ〈津和蕗)

新築して14年半、少し早いのですが住宅会社からの勧めで、消費税アップのことも 考えて、外壁工事をお願いしました。 工事期間約25日、玄関以外の出入り口が足場や養生のため出入りできないこと。 物干しのベランダが使えず、干場に四苦八苦。 次回の外壁工事は建て増し部分が15年後、今回の外壁工事は30年後、 どちらも、私たち夫妻が預かり知らぬことになるのは決定的です…

続きを読む

「讃仏偈」写経の準備 門信徒のつどいに向けて * 介護付老人ホーム ニッセイエデンの園見学

11月17日に開催される門信徒のつどい. 午前の部で行う写経「讃仏偈」・MYお経本制作の準備。 写経のお手本など全てお寺で準備くださいました。 写経お手本、写経用紙、用紙の間に挿む予備の用紙、製本テープ、筆ペン、クリップ 200組を調えました。 用紙の選択、筆ペンだって若坊守さんが10本以上買ってくださって、 どの筆ペンが好ましいの??か サロンのお仲間10数名で試して…

続きを読む

2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31            

過去ログ

テーマ別記事

プロフィール

ニックネーム:
やろい
性別:
ばあば
出身地:
奈良県
居住地:
奈良県
趣味:
季節の花を愛でること
一言:ニックネーム「やろい」はユラユラ揺れる「やじろべい」から3字いただいたものです。



seesaa_profile_icon



読者メッセージを送る

QRコード