懐かしい同窓生の絵画展へ(50年振りの再会)

同窓生の連絡係をしてくださっている方から年に何度かの集まりや、 新年会、ハイキングなどのお誘いの連絡が入ります。 近年はそんな連絡よりも、残念ながら、同窓生の訃報が多くなりました。 そんな中、先日 今日は中村恵美子さんの個展のご案内です。 中村さんは40歳すぎから絵画を志され、 今は「独立美術協会会員」として活躍されています。 奈良で下記のとおり個展を開催されました…

続きを読む

蕨採り * 伏せ込み栽培のウド(独活) * シャクヤクガーデン(芍薬)

5月6日(水) 連れ合がデイケアリハビリ治療のお迎えの後、 友からのお誘いを受けていた吉野へ蕨採りに。 昔々、蕨採りの懐かしい記憶から4半世紀が経過しています。 指定していただいた場所でそれなりの準備、(手袋や日除け帽等など) 持ち主様の車で移動。 蕨山に着くまでの行程・・・テレビの番組 〇〇〇〇一軒家・・・ 車一台分がぎりぎりの狭い狭い山…

続きを読む

花の鹿華苑  * クリンソウ * クマガイソウ * キリシマツツジ

4月28日(金) 友と多武峰淡山神社近くの隠れた穴場スポットとも・・・  花の里山 鹿華苑 案内板  個人のお宅のお庭を「鹿華苑」という名前で無料開放されています。 約1000坪に梅、つつじ、石楠花、水芭蕉、かざぐるま、クリンソウ等など。 花木約40種類、山野草(約60種類)が育てられています。 華苑へ続く散策道に大木の オオデ…

続きを読む

春の名残り馬見丘陵公園チューリップ*ブラキカム・姫小菊

半世紀以上続いている4婆との交流・・・ とうとう1婆が抜けるような状態になりました。 何時の日にか誰が先になるのか・・・と昨今は考えるように。 1婆は外出することが、時々気分がのらなくなりました。 残る友の誘いでお出かけ・・・ お出かけと言っても馬見丘陵公園。 公園館の前のハナミズキが満開です。 一人の女性から声をかけられました。 「入園料を支払うのですか…

続きを読む

スマホ乗り換え後の不安と憂鬱・・・対処の9日間、間覚え書きとして * 庭に残った花

4月20日(木) 漸く日常の気分になれました。 事の発端は長きにわたりお付き合いあせていただいた「AU by KDDI」のスマホ。 スマホにデジラアプリの更新をショップで行ってください・・・との連絡から始まります。 近くのAUショップに行き、更新を済ますと、何を思われたのか・・・ eo光への乗り換えの話を聞いてほしい・・・との依頼。 その場を…

続きを読む

 宇治黄檗山 萬福寺 * 南座公演 都をどり*

南座公演 ‘都をどり‘ のお誘いを受けて二つ返事で久しぶりの京都へ。 京阪電車を利用するので、久しぶりに宇治黄檗山 萬福寺へも。                               京阪黄檗駅から徒歩 5~6分 黄檗山 萬福寺 総門 総門から三門への石條 境内参道の縦横の石條 龍の背の鱗をモチーフ化したものだそうです。 三門へと…

続きを読む

馬見丘陵公園桜とチューリップ  * 箸尾堤防沿い桜並木

4月1日(月) 友からお誘いを受けて馬見丘陵公園の桜とチューリップのお花見。 空のブルーは桜の花をより華やかに映えて引き立ちます。 週末から開催されるチューリップフェアーに備えて準備されたチューリップの花々。 チューリップフェアの頃には最高のお花が見れることでしょう。 その頃には残念ですが桜の花は多分、散ってしまっている…

続きを読む

寺田知世さんの個展*花冷えの西大寺 

小雨で花冷えの中、仏婦のお仲間と寺田知世さんより 案内をいただいていた個展を拝見に近鉄百貨奈良店へ。 繊細な花々に感激。 馴染みのある花々の色遣いに驚き。 堪能させていただいた後、館内のレストランで昼食。 奈良に住まいしながら初めてとの友もおられたので、 会場から徒歩10分ほどの真言律宗総本山 西大寺へ。 東門から参道 西大寺創…

続きを読む

天理別席の枝垂れ桜 ・ エドヒガン(江戸彼岸)

3月25日(木) 友が天理教別席の枝垂れ桜を知らないとの事から・・・ 少し早いかなあと…思いつつお出かけ。 案の定 ・・・少し早かったようです・・ 3分咲き・・・と言ったところかなあ・・・ 大木の枝々を支える支えの竹制円形吊り棚仕立て支柱は約30本以上ありそうです。 支柱から支柱に竹や木材でさらに細やかに桜を支えています。 …

続きを読む

馬見丘陵公園 カワズザクラ(河津桜)カンヒザクラ(寒緋桜)コヒガンザクラ(小彼岸桜)・サンシュユ(山茱萸)

馬見丘陵公園の河津桜が見頃と聞いてお出かけしました。 年々という言葉が近頃は月々に変わりつつあります。 そんなこんなでご縁のある時は喜んでお出かけするようになりました。 はるまちの丘からの眺め 満開という言葉がぴったり・・・・河津桜の満開です。 お昼をお花の下で楽しんでおられるご家族など・・・さまざま。 巣山古墳を中心とする南エリア…

続きを読む

奈良国立博物館  特別展 聖林寺国宝十一面観音菩薩像

急な暖かさで蕾だった樹々の花が一斉に開花が始まっています。 友と奈良国立博物館 「特別展 聖林寺国宝十一面観音菩薩 」展へ。 博物館前枝垂れ桜で名高い氷室神社。 四脚門横の樹齢百年を迎える老木といわれていたエドヒガン系枝垂れ桜。  「奈良一番ザクラ」とも呼ばれ、春の訪れを告げるシンボルだったのです。 以前から樹勢が衰えてきているのが気がかりでした。 とうとうこ…

続きを読む

「近畿年賀状を出そう!!キャンペーン」 応募当選 ・ ノリコボシツバキ

昨年暮、親戚のみの年賀状を購入時、 「近畿 年賀状を出そう!!キャンペーン」の応募用紙をいただいたのです。 当選には縁はないのですが、切手が余っている理由でで応募したようです。 そんなことなどすっかり忘れていたのに・・・・ 箱詰めが届いたのです。 意味不明のまま開いてみてもまだ気付きません。 すっかり年賀状??? 何て気抜けした時期ですから・・・ 当選おめでとうございま…

続きを読む

明日香村 牽牛子塚古墳一般公開見学

明日香村 牽牛子塚古墳(けんごしづかこふん)の整備完了して 6日から一般公開をニュースで知りました。 12年前牽牛子塚古墳発掘調査で八角形の古墳と分かり、 大化の改新で知られる中大兄皇子(天智天皇)の母、 斉明天皇の墓と有力視され、当時連れ合いと見学会に出かけました。 その後4年の歳月をかけて復元工事が完了したのです。 墳丘は高さ約5メートル、対辺の長さが約22…

続きを読む

桂離宮参観

2月25日(金) 1月初旬にネットで3か月先の桂離宮の桜・仙洞御所の藤の見頃に合わせて 参観の申し込みを試みたのですが、コロナの影響で参観者人数の制限で、 すでに満席でした。 仕方なしに空いている2月25日 11:00に桂離宮参観の予約を入れました。 「1月9日、抽選の結果、ご希望の日時にて参観が「許可」されましたのでご連絡いたします。 当日は全員についてご本人であることを確認できる…

続きを読む

たそがれ期に気掛かりだった小さな庭のこと

新型コロナウイルスのオミクロン株による感染急拡大で、連れ合いが通うデイケア施設も、 複数の職員が濃厚接触者なり、1週間の中止となり自宅介護の現場にも影響が及んでいます。 予約受診での病院も医療従事者及び入院患者の感染が確認され。 新規患者の外来診療が停止になっていました。 今までそれほど感じていなかった危機感を身に受けた昨今です。 {…

続きを読む

大阪近郊区間一筆書き雪見の旅 ・ 柚子ピールと干し大根ハリハリ漬け

大阪近郊区間を利用して一筆書きの雪見の旅に・・・ 昨年度は暖冬とコロナ禍でタイミングに恵まれませんでした。 出発は大和路線 法隆寺から加茂へ 加茂で関西線に乗り換え・・・笠置駅で早々の雪景色。 雪化粧のキャンプ場・・・何故だか冬のキャンプが賑わっています。 車にテント・・・寒いのにねえ!! 柘植から草津線で草津まで ・・・ 車窓からは念願の雪景色。 車内は婆たちの貸…

続きを読む

長谷寺の冬牡丹

空はどんより雪雲に覆われています。 桜井税務所で確定申告の予約を入れていたので、 少し足を延ばして長谷寺の冬牡丹を見たいと想いで 友に声がけしてお付き合いしていただきました。 長谷寺仁王門 長谷寺の総門 仁王門を潜ると登廊 登廊の左右に鮮やかな冬牡丹 薄っすらと屋根に雪が残る登廊横、 寒さの中薦被り冬牡丹が愛おしく思います。 …

続きを読む

レッドキウイ ・ 奈良国立博物館 名画の殿堂 藤田美術館展

1月9日 (日) 遅ればせながら謹んで新年のお慶び申し上げます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 再び全国で8480人の感染が発表されています。 一日の新たな感染者が8000人を上回るのは、去年9月11日以来です。 連れ合いと自身にも2月1日・15日に3回目のワクチン接種の案内が届きました。 そんな中、3日息子の家族が訪ねてくれまし…

続きを読む

寺田知世さんの個展へ 奈良公園 

昨年はコロナ禍の事情で参加できなかった寺田知世さんの個展、 奈良市上三条町の「アートスペース 上三条」へ。 今年は法友とお出かけしました。 奈良県庁への登大路 奈良公園の色褪せた紅葉と落ち葉の絨毯 観光客の疎らな公園  鹿の群れ 興福寺境内も静寂  国宝 五重塔 東金堂 興福寺中金堂 興福寺南円堂 重文 …

続きを読む

北野天満宮御土居の紅葉

北野天満宮は天神信仰発祥の地、12000社もある全国天満宮・天神社の総本社。 北野天満宮「御土居」 桃山時代に豊臣秀吉公は洛中洛外の境界、水防のための築いた土塁・・・「御土居」。 その一部が残る境内の西側一帯は史跡として指定され、 現在、約350本の紅葉を有する名所「もみじ苑」となっています。 北野天満宮の御土居(土塁)は原型に最も近く、脇を流れる紙屋川の水面に映え、 川の石積み…

続きを読む

京都北野天満宮 * 上七軒通り

11月29日(月) 以前から北野天満宮「御土居の紅葉苑」へ行ってみたいと思っていたのですが、 今回そのご縁に恵まれました。 京都駅からタクシーで北野天満宮東門へ続く「上七軒」散策の入り口で下車。 上七軒(かみしちけん)とは、京都市上京区真盛町から社家長屋町に位置する花街です。 地元の住民は「かみひちけん」と発音します。 室町時代に北野天満宮の…

続きを読む

五十鈴川の紅葉 ・ 伊勢神宮内宮

11月25日(木) 短い時間でしたが、伊勢内宮五十鈴川紅葉散策の時間に恵まれました。 宇治橋から眺めた河原にたった1本咲き誇る桜 シキザクラ(四季桜) マメザクラとエドヒガンの種間雑種 秋と春の二季に咲くので ニキザクラ(二季桜)とも。 四季桜は秋がメインなので紅葉とのコラボが素敵です。 手入れの行き届い…

続きを読む

コウテイダリア  馬見丘陵公園の紅葉 

11月29日(金) 友の新車に便乗させてもらった3婆たち、細やかなランチの後、 散策におあつらえ向きの小春日和に恵まれました。 首が怠くなるほど見上げないと・・・ コウテイダリア(皇帝ダリア)日本では学名を訳 キク科 ダリア属 コダチダリア(木立ダリア)キダチダリアと呼ばれることも 高さ8-10メートルになるダリア…

続きを読む

江戸柿で干し柿を作る

11月3日(水) 友から吊るし柿にと大きな江戸柿(渋)をいただいた。 例年のことですが・・・昨年は何故だか実が生らなかったそうでパス。 皮を剝いて熱湯にくぐらせました。 大きな鍋に大きな江戸柿はたった3個しか入りません。 江戸柿は、奈良県特産の釣鐘型の渋柿です。 干し柿用ですが渋抜き処理をして熟した果肉は、柔らかく甘みも格別で…

続きを読む

マユハケオモト(眉刷毛万年青)(ハエマンサス) * マコモダケ(真菰筍)

夏場庭の手水鉢で休眠するマユハケオモト(眉刷毛万年青) 蕾の現われるのを今か?今かと・・・ ええええ!!!いつの間にか3輪がニョキニョキ。 マユハケオモト(眉刷毛万年青)(ハエマンサス) ヒガンバナ科・ハエマンサス属 花茎頂に葱坊主を思わせる花をつけます。 葯は、黄色。白い花糸が伸びると丸い刷毛のイメージに近づきます。 花の中を覗いてみると、ぎ…

続きを読む

なばなの里 花ひろば (コスモス・ダリア)・オオオニバス(大鬼蓮)

なばなの里ベコニアガーデン、「見返りの花」から眺めた美しさの余韻を残しながら退出。 残り時間で、花の広場散策へ向かいます。 散策道に目の覚めるようなグリーンと真紅の2色のコリウスが出迎えてくれました。 広大なお花の花壇、約43,000㎡の「花ひろば」に150万本のコスモス、 約200種8,000株のダリアが咲く、この季節ならではのイベントと案内されています…

続きを読む

なばなの里 ベコニアガーデン 見返りの花

近鉄八木から特急 1時間30分 近鉄桑名  桑名からなばなの里 直通バスにて。 なばなの里   ベコニアガーデンへの散策道 散策道一面に夏咲きのお花がまだまだ健在でした。 白い可憐な ユーホルビア グラマー トウダイグサ科 一面に咲き誇るさまは感嘆詞の連続です。 ベコニアガーデン前の水連池 「睡蓮」は、夕方になると眠る(睡る)よう…

続きを読む

馬見丘陵公園 コキア (ホウキギ・ホウキソウ) ・ ダリア ・ ゴヨウアケビ(五葉木通・五葉通草)

低い雲が垂れ下がって、今にも雨粒が落ちてきそうな雰囲気です。 地元のニュースでコキアの様子を知って・・・友と短い時間で散策に。 コロナ禍ではこちらでも全てのイベントが、御多分に漏れず中止になっています。 生きの長いお花ジニアの多種類が健在です。 コキアの紅葉に合うのは今回が初めて。 こちらは少し色褪せています。 …

続きを読む

シロクジャク(白孔雀)ルリマツリ(瑠璃茉莉)シュウメイギク(秋明菊)

9月29日(水) 雨の後、ほんの少し秋が深まった気配を感じます。 朝夕の風が心地よくなりました。 小さな庭の手入れも少しづづやり辛く感じるようになりました。 そんなこんなで中庭を残して、全ての樹や庭石など撤去して 手入れのしなくても好い庭に切り替えようと、 この庭を造ってくださった造園屋さんにリホームをお願いしました。 少しづつ、少しづつ…

続きを読む

シロバナマンジュシャゲ(白花曼殊沙華) *ヒガンバナ(彼岸花 )*イチョウ(銀杏 )* イチョウのまな板

朝夕、随分過ごしやすくなりました。 庭にも秋の気配が・・・シロバナマンジュシャゲ (リコリス)(白花曼珠沙華)・  ゼフィランサス タマスダレが一気に開花しています。 シロバナマンジュシャゲ(リコリス)(白花曼珠沙華 ) ヒガンバナ科 ヒガンバナ属 一気にニョキニョキ 秋の彼岸の入り・・・ 季節は忘れないのですね。 裏の児童公園、用…

続きを読む

2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31            

過去ログ

テーマ別記事

プロフィール

ニックネーム:
やろい
性別:
ばあば
出身地:
奈良県
居住地:
奈良県
趣味:
季節の花を愛でること
一言:ニックネーム「やろい」はユラユラ揺れる「やじろべい」から3字いただいたものです。



seesaa_profile_icon



読者メッセージを送る

QRコード