明日香村 国営飛鳥歴史公園 石舞台古墳桜ライトアップ * 初参式(はつまいり)灌仏会(花まつり法座)

福栄寺住職さまから送付くださった世界遺産明日香石舞台古墳 夜桜のライトアップの風景です。   「4月2日19時頃です。試し撮りのつもり、今夜雨が降らなければ再挑戦する予定。 でも阪神勝ってたら野球みたいなとも思う・・・・・・。」 蘇我馬子のお墓ともいわれる幻想的な石舞台古墳  「ライトアップを再挑戦した4月3日7時半頃現地到着入…

続きを読む

世界遺産 仁和寺(旧小室御所)遅咲きの御室桜 * ミツバツツジ(三葉躑躅) 

4月2日(金) 花曇り 仁和寺の玄関、正門「二王門」(重要文化財) 仁和寺の二王門は、知恩院の三門、南禅寺の三門・・・京の三大門と呼ばれています。 二王門をくぐると一気に広大な境内が目に入ります。 正面中門(重文)、遠くに衣笠山。 観桜・御殿拝観券(800円)購入。 二王門直ぐ左、御殿拝観へ。 御殿大玄関前、手入れの行き届い…

続きを読む

京都迎賓館参観

迎賓館西門から係りの方の誘導で地下受付スペースに移動。 セキュリティチェック(空港のような)を受け、入館券購入(2,000円)  荷物預入(25cm以上の手荷物) 注意事項説明、概要紹介、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、  自由拝観は中止され、少人数ガイドツアーで、 私たちは8人グループになりガイドさんが2人の体制で参観となりました。 京都迎賓館は、日本の歴史、文…

続きを読む

京都御苑の桜 近衛邸跡糸桜 * 里桜 * 霞桜 * 山桜 等々

3月26日(金) 昨日の雨から今朝から晴天に恵まれお出かけ日和に。 京都駅から京都御苑中立売御門までタクシー移動。 蕾が膨らんだ 車 還 桜 後水尾天皇がその美しさに御車を引き返させたといわれる サトザクラの一品種 御所御車返 車還桜 とよんでいます。 御苑散策に心地よい風と青空。 満開の ソメイヨシノ …

続きを読む

奈良三名椿の一つ「糊こぼしの椿」 西洋椿ミリンダ *ニワウメ(庭梅)

3月21日(日) 東大寺二月堂修二会(お水取り)の堂内に、練行衆が作った「椿」の造花が飾られます。 原木椿は、東大寺・開山堂の庭に咲く、赤い花に白い斑点が入る 「糊こぼし」と呼ばれるものを模しています。 開山の良弁僧正を祀るため、別名「良弁椿」とも呼ばれ、 白亳寺の「五色椿」、伝香寺の「散り椿」とともに「奈良三銘椿」の一つに数えられています。 その…

続きを読む

群三重県津市美杉 ミツマタ(三又) の群生地 * 庭の タンチョウソウ(丹頂草)

福栄寺住職さまから送付くださったミツマタ(三又)、三重県津市美杉の群生地。 三つ叉の花かなり早かったみたいですが、人も無くゆっくり過ごせました。シーズン入ると車では入れないそうなので反って良かったかな? 花は3分咲きぐらいかな、後10日ぐらいで黄色がかなり出てくるのではと思います。群生地は三重県津市美杉 で初めて知りました。60年ほど前に杉林に植え込み育ててきたようです。一面杉木立の中で白…

続きを読む

極小椿「ロゼフローラ」 * 雄蕊の花弁化した真っ赤な椿 * 春を知らせる黄色の庭花

3月10日(水) お隣さんの庭に、今年も極小椿「ロゼフローラ」が咲き始めました。 この優しい薄ピンクの花がリビングから眺めています。  ロゼフローラ  別名  ロシフロラ、カメリア・ロサエフロラ  中国名を 短柄紅山茶 ・ 玖瑰連芯茶   ツバキ科 ツバキ属 中国南東部原産で1800年代にイギリスに渡った中国原産の原種椿とされているそう…

続きを読む

城南宮 平安の庭 * 室町の庭 * 桃山の庭 * 城南離宮の庭

神苑源氏物語 花の庭 「春の山」拝観後、本殿脇の散策道を平安の庭へ。    杉の古木が祀られています。 神楽殿 神楽殿のガラスに写る平安の庭 入口。 神楽殿 紅梅 平安の庭 平安時代の貴族の邸宅、寝殿造りの庭をモデルにした「平安の庭」。 平安の庭から神楽殿 寝殿造りを模した神楽…

続きを読む

馬見丘陵公園 カワズザクラ(河津桜)7部咲き * 満開近い梅林 *雪景色

2月27日(金) 外は肌寒い風が気になったのですが、お誘いを受け、友たちと細やかなランチの後、 馬見丘陵公園の河津桜が見頃かも???と・・・道草してみました。 中央エリアの梅林と南エリア「春まちの丘」の河津桜。 南エリア「春まちの丘」の河津桜が6・7部咲き カワズサクラ(河津桜)バラ科 サクラ属 ソメイヨシノよりも早く咲き始め…

続きを読む

城南宮神苑 源氏物語 花の庭 「春の山」しだれ梅、落ち椿

2月22日(月) 近鉄竹田駅下車  タクシーで5分。   1200年前、都の守護と国の安泰を願って、 平安遷都の際に京都の南に創建された城南宮。 西鳥居から参道 参道から城南鳥居 手水舎 正面 拝殿 右神楽殿 左むすび殿 紳興舎前枝垂れ梅 拝観券を購入して紳苑へ。 天候に恵まれて梅・椿の見頃に訪れる方が多数。 …

続きを読む

菅原天満宮盆梅展

2月20日(土) 理学療法士さんの都合で連れ合いの訪問リハビリの時間が 朝一からお昼前に変更になり、 昼食を済ますといつもと違って直ぐに昼寝タイムに・・・ 温かい陽射しに恵まれ・・・フリータイムを利用して・・ 思い付きで以前から行ってみたかった菅原天満宮の盆梅展へ。 近鉄尼ヶ辻駅下車 ・・・徒歩 10分 菅原天満宮正面の鳥居 天満…

続きを読む

和紅茶 紅々葉(くくは)「城陽」

2月15日(月) ここ2.3日暖かい日が続きます。 友から珍しい京都の和紅茶をいただいた。 聞いてはいたのですが、手に取るのは初めて・・・いただくのも初めて。 京都府城陽市で生産されている 和紅茶 紅々葉(くくは) 最近 発売された 和紅茶 紅々葉(くくは)城陽  早速試飲をさせていただきましょう。 添付していただ…

続きを読む

干し大根でハリハリ漬け

2月6日(月) ひたすら買い物以外外出することなくステイホームの日々を過ごしています。 浄照寺初法座に続いて2月のご法座「今日の人権問題を考える」が開催されました。 13:30 勤行 らいはいのうた 14:00 ご法話 Δ コロナウイルス感染症と差別問題 「龍田寮事件」(黒髪校事件) 昭和29年に龍田寮児童通学拒否事件が起こりました。(親がハンセン病者で、…

続きを読む

晩白柚ピール * オキザリス・パーシーカラー

2月1日(月) 買い物以外、外出することが少なくなりました。 多分私以外の方もそのような日々を過ごせておられることでしょうね。 1月29日(土) 13:00 浄照寺初法座 13:00 勤行 らいはいのうた 13:40 法話 講師 冬野 正隆師      外出…

続きを読む

ウインターベル * トウカエデ(唐楓) * モミジバフー(紅葉葉風)

大寒の最中、公園通りから外れた外壁にひっそり咲く クレマチス・アンスンエンシス 別名「ウィンターベル」  キンポウゲ科 クレマチス属 中国南西部標高2000mほどの場所を故郷とする 常緑性の冬咲きクレマチスだそうです。 蔓を2~3m伸ばし、2~3cmほどの花をベルのようにぶら下がって数輪咲かせています。 花びらは4枚で肉厚、花色は白、もしく…

続きを読む

ロウバイ(蝋梅)3種 ワロウバイ(和蝋梅)*ソシンロウバイ(素心蝋梅)*マンゲツロウバイ(満月蝋梅)

1月18日(月) 明後日は大寒、1年中で最も寒い時季。 寒の入りから立春までの30日間のまん中が大寒。 天気予報のお姉さんが「大寒の卵」のお話をされていました。 昔は、冬の寒さが起因で、鶏の産卵数が極端に少なくなったそうです。 また水の摂取量が減り飼料を多く食べたそうです。 そんな環境で産む卵は、一年のうちで最も栄養価が高い卵になりました。 「大寒…

続きを読む

石光寺寒牡丹 * シシガシラ(獅子頭)に牡丹雪

Message body 1月10日(日)  今季一番の寒波が到来、中庭の手水鉢がキンキンに凍っています。 火鉢のメダカはどうしているのでしょう・・・・ 福栄寺住職さまから極寒を和らげてくれそうに感じる映像を送付していただきました。 本日1月6日午後2時半頃から参拝。奈良県葛城市 石光寺(中将姫ゆかりの寺) の寒牡丹少し遅れてしまいましたが…

続きを読む

ロウバイ(蝋梅)* スロープ工事完了 * 湯がき大根作り

1月6日 (水) 遅ればせながら謹んで新年のお慶び申し上げます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 12月31日に東京都で新たに報告された感染者が1300人を超え、 全国の1日の感染者数が4000人を上回りました。 1月2日には、関東1都3県の首長が、政府に対して緊急事態宣言の発出を要請し、 緊迫した空気を感じます。 そんな中、1月3日息子の家族が訪…

続きを読む

お内仏報恩講 * コロナを身近に感じる時

12月5日(土) ここ何年か「ひまわり」の例会と重なりご縁に遇えなかったお内仏報恩講、 今年3月末で「ひまわり」の退会を機に参拝できました。 お内仏でのお勤めの後、お聴聞の準備が整いる本堂。 座席との空間をが大きく設置されています。 寺院の家族用の仏壇は本堂の仏様と区別する意味もあって 御内仏と呼ばれますが、各家庭の仏壇も御内仏です。…

続きを読む

深田池のフユザクラ(冬桜) * 橿原神宮絵馬

12月6日(日) 勿体ないような日和が続いています。 早めに買い物が終わったので少し道草、深田池のフユザクラを見に。 初詣の準備が整った橿原神宮正面鳥居 初詣参詣者のために準備されたのでしょう。 参道に並べられたガーデンシクラメン​のプランターの列。 通常の手水舎はコロナウイルスの関係でしょう・・・閉鎖されています。 …

続きを読む

国営飛鳥歴史公園 史跡中尾山古墳発掘現地説明会参加

11月29日(土) 中尾山古墳は国営飛鳥歴史公園 高松塚周辺地区内に位置し、 世界遺産候補「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」の 構成資産でり、明日香村教育委員会による発掘調査が行われています。  今回の調査では、8世紀初めに築かれた同古墳が3段築成の八角形墳であることや、 周囲を3重の石敷きが巡っていたことまた、被葬者の遺骨を納めた石室に…

続きを読む

多武峰淡山神社ライトアップ紅葉 * シコンノボタン(紫紺野牡丹)

福栄寺住職さまから送付くださった多武峰淡山神社、ライトアップの映像。 11月18日夕方からライトアップしていると聞き、ちょっと寄りながら出かけました。 淡山神社は紅葉今真っ盛り、ライトアップの設備も固定したもので、 余り邪魔にも成らず見栄えが良くなりました。  ライトの色もLEDで白熱灯のように赤くならずいい感じでした。ご笑覧下さい。   十三重塔室町時…

続きを読む

フユザクラ(冬桜)* 門信徒のつどい

11月15日(日) 浄照寺境内の銀杏、黄葉が一点の雲もないラピス色の空に映えます。 11月の行事「門信徒のつどい」は、コロナウイルの影響で、 例年のようになお斎は中止になり、午後からの行事に短縮されました。 13:00  音楽礼拝。 13:30 仏事の話  住職 「これだけは押さえておきたい 浄土真宗の作法と荘厳」 14:00  ご法話…

続きを読む

秋の色が深まりました * スプレーギクの開花 * ドウダンツツジの紅葉

11月7日(土) 連れ合いが自宅に戻って1週間が経過。 生活様式の変化にも、徐々に戸惑いが少なくなりました。 放置された庭の赤色スプレーギク が、気付かないうちに開花を迎える季節になっていました。 入院中自宅では、電動ベットに交換、訪問看護、リハビリ等などの手続き・・・ 術前後1週間の絶食と安静、1ヶ月の入院生活は筋肉の老化…

続きを読む

シロバナホトトギス(白花杜鵑)* ツワブキ(津和蕗) *

10月19日  蕾だった御杖村の山野草園でいただいたシロバナホトトギス(白花杜鵑)が、 日陰のハナミズキの樹の下で開花しています。 シロバナホトトギス (白花杜鵑)ユリ科 ホトトギス属 日当たりのいい場所は、葉焼けして花の数も少なく、 次年度は、日陰の植え替え場所を考えてみましょう。 日陰の葉は小さなバッタの食べ物になりまし…

続きを読む

待望の一房 ホヤ・カルノーサ (サクララン 桜欄)の開花 * 雨宿りのトンボ

10月10日(土) 以前から 花曜日のろこさんが育てておられる ホヤ(サクララン)拝見した時は、こんなに可愛いくて不思議なお花があるんだ・・・と なんて表現していいのか、とても印象深く残りました。 ・・・・育ててみたいと思うようになって、 近くの花屋さんでは見かけることがないので、ネットで検索。 小さな苗がペットボトルに入れられ、送られ…

続きを読む

山野草  ホトトギス(杜鵑)* シロバナホトトギス(白花杜鵑)

10月6日(火) 最低気温一気に15℃を割り込みました。 少し暖かめな寝具に変更 ・・・ つい10日位前までは、エアコンが必要だったのに・・・ 庭の片隅でシュウメイギク(秋明菊)が咲き誇っています。 暑さで弱っていたヒべり カムゴールドフォーム 根元から刈込ました。 徐々に新芽が復活しつつあることを確認。 ハナミズキの木陰で待機する 山野…

続きを読む

 コウシュンカズラ * センペルビュームタルフ *

コロナウイルス感染の影響で、病院ボランティア「ひまわり」の活動は4月からお休みです。 自身は3月末で引退したのですが、メンバーとはいつまでも・・・ 地域の方のみで一度おしゃべりに集まろう・・・と。 そんなこんなで、コーヒでも飲みながら近況報告などで。。。。集合。 メンバーの一人が自宅庭で育てているバラを、切り花にして持参してくださった。 その中に珍しいコウシュンカズラ (恒…

続きを読む

秋、用水路の流れに ハギ(萩)と ヒガンバナ(彼岸花)

家の裏通りに用水路が流れています。 農業用の用水路です。 用水路の淵沿って、毎年真っ赤にヒガンバナが風情を添えてくれます。 桜の木の下・・・蕾が多いです。 ヒガンバナ(彼岸花) 曼殊沙華 ヒガンバナ科 ヒガンバナ属 彼岸花は各地にさまざまな呼び方があり数百~1,000程あるとも言われています。 曼殊沙華は、仏教の用語に由来するそ…

続きを読む

一気に秋の気配 * シロバナマンジュシャゲ(白花曼珠沙華)(リコリス) * シュウメイギク(秋明菊)

9月20日(日) 一気に秋の気配・・・つい最近まで猛暑、真夏日だったのが一気に最低気温20度を割りました。 慌ただしく、寝室の模様替え。 真夏の間、西日対策にカーテンを外して、ブラインドと竹簾で過ごしていたので。 竹簾を外してカーテンに戻しました。 庭にも秋の気配・・・シロバナマンジュシャゲ (リコリス)(白花曼珠沙華)・  ゼフィランサス タマスダレが一気に開花しています。 …

続きを読む

2021年04月 >>
            1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30   

過去ログ

テーマ別記事

プロフィール

ニックネーム:
やろい
性別:
ばあば
出身地:
奈良県
居住地:
奈良県
趣味:
季節の花を愛でること
一言:ニックネーム「やろい」はユラユラ揺れる「やじろべい」から3字いただいたものです。



seesaa_profile_icon



読者メッセージを送る

QRコード